REPORT【報道】

 

 2020年第8戦イタリアGPと第9戦トスカーナGPで相次いでホンダのパワーユニットにトラブルが発生し、マックス・フェルスタッペンが2戦連続のリタイアに追い込まれた。一体どんなトラブルだったのか? なぜ起きてしまったのか?

 

 ホンダからは明確な説明は行なわれていないため限られた情報しかない段階ではあるが、各グランプリで起きた事象とデータを突き合わせることで推察してみよう。

 

 まずホンダの田辺豊治テクニカルディレクターはトスカーナGP直後の原因解析が進んでいない段階で「2つのトラブルは別のもの」と明言している。これはつまり、イタリアGPで起きた問題はすでに究明済みで、ムジェロではそれと同じ条件・事象がなかったからこそ、慎重な田辺テクニカルディレクターもこの段階で明言したのだろう。

 

こちらの記事は『F1LIFE』有料会員限定のコンテンツとなっています。
続きをご覧になるためには、ベーシック会員・プレミアム会員になって頂く必要があります。
会員登録の方法はこちら

※コース変更の場合は、旧コースの解除手続きを行なって下さい。
お客様の手で解除手続きを行なって頂かなければ継続課金は解除されませんのでご注意下さい。

会員登録する / ログインする(会員の方)

Related Articles

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (7)
    • 3Blackcats
    • 2020年 9月 22日

    特集記事、興味深く読みました。全部を理解することはできなくて申し訳ありませんが、どうやらノイズが原因ではなさそうだと言うことは理解できます(笑)。やっぱりFacebook側に参加した方が良さそうなので後ほど申請します。

    • amenaughey
    • 2020年 9月 22日

    PU運用の複雑な問題だけに、解説の内容も難しかったので繰り返し読ませていただきました。
    予選モード禁止の影響が予選だけにとどまらないのだと、なんとなく理解しました。
    勉強させていただきました。米家さんの洞察と取材に感謝!

    • toukeidou
    • 2020年 9月 24日

    米家さんがいろいろなところで解説したことの練習問題みたいになってますねぇ(笑)。

    タッペンの特殊なドライビングが限界値を超えるというのは、昨年もありましたね。ディフォルト時の性能を高目に設定というのは難しいですかね。

      • toukeidou
      • 2020年 9月 24日

      ディフォルトをモードとして活用できるかな。診断プログラムが最適なモードを「ディフォルト」として割り当てるみたいな(笑)。

      妄想はさておき、セーフモードに入る限界値を緩くしろ的な話し合いは行われたんじゃないですかねぇ。

    • umiyamada
    • 2020年 9月 27日

    ワタクシ、「予選と決勝を同一のICEモードで走る」の意味を間違えていたみたいです。
    これはてっきり、ドライバーごとにモードのセッティングは違っていて、その上で「予選と決勝を同一のICEモードで走る」もんだと思ってました。

    そりゃ、ドライバーごとのテクニックなり癖、好みはあると思うんで
    「そこまでやらなきゃいけないの」
    というのが、正直な感想です。

      • umiyamada
      • 2020年 9月 27日

      ルールなら仕方ないんですけど、なんか楽しみかスポイルされてる気がするんですよねぇ。

    • MINEOKI YONEYA
      • MINEOKI YONEYA
      • 2020年 9月 27日

      ホント、そう思います。
      ただマシンごとにモードを分けるのを許すと、一部のマシンを使ってグレーなことをする余地が残ってしまうということなんでしょうね。

コメントするためには、 ログイン してください。

Recent Post【最新の記事】

Calendar【日付で記事検索】

2020年10月
Mon Tue Wed Thu Fri Sat Sun
« Sep    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031