REGULAR【連載】

 

 夏休み特別企画として、F1の各GPオフィシャルプログラムに収録されているF1ドライバーの雑談のようなプライベートなインタビューをお届けします。

 

 F1のどんなところが好き? 今までのF1マシンの中で、最も好きなカラーリングは? 戦ってみたい歴代ドライバーとマシンは? F1ドライバーになっていなかったらどんな仕事に? などなど。

 

 20160816-01

 

 今回はニコ・ヒュルケンベルグ。地味な印象もある彼の私生活とは? カート時代にはニコ・ロズベルグやルイス・ハミルトン、ロベルト・クビツァと一緒に戦い、“もう1人のニコ”から奪ったマシンで全員を打ち負かしてしまったという知られざるエピソードを披露してくれました。

 

カート時代に何か素敵な思い出はありますか?

「初めて国際戦に出場したときのことだけど、イタリアのコリドニアっていうところでジュニアシリーズに参戦したんだ。僕が乗っていたマニュファクチャラーは2種類のシャシーを持っていたんだけど、その時僕に用意されたのは1種類だけだった。僕らは小さなプライベートチームだったからね。ロズベルグとかハミルトンが乗っていたような大きなファクトリーチームは2種類とも持っていたよ。そういえばあの時はロベルト・クビツァも走っていたし、夢のような時代だね。

 僕らはそのもう1種類のカートが欲しかったんだけど、手に入れることができなかった。そんなときに“もう1人のニコ”(ロズベルグのこと)が要らないって言うから、僕らはなんとかしてそれを手に入れて、まんまとポールポジションを獲って、他の全員を打ち負かして優勝してしまったのさ!」

 

こちらの記事は『F1LIFE』有料会員限定のコンテンツとなっています。
続きをご覧になるためには、ベーシック会員・プレミアム会員になって頂く必要があります。
会員登録の方法はこちら

※コース変更の場合は、旧コースの解除手続きを行なって下さい。
お客様の手で解除手続きを行なって頂かなければ継続課金は解除されませんのでご注意下さい。

会員登録する / ログインする(会員の方)

Related Articles

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. コメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。