REPORT【報道】

 

 トロロッソ・ホンダとして2018年シーズンの前半戦を終え、バーレーンGPの4位とモナコGPの7位、そしてハンガリーGPの6位という3つのハイライトを含めたシーズン前半戦をホンダはどう捕らえているのか? カナダGPに投入したスペック2の手応えは? そして後半戦に向けた展望は?

 

 ホンダの田辺豊治テクニカルディレクターにシーズン前半戦の総括を聞いた。

 

ーーシーズン前半戦が終わりましたが、どのような感触でしょうか?

「トロロッソ・ホンダとしては昨年9月に通常よりも遅いスタートを切ったわけですが、バーレーンで良い結果を残せて、モナコもまずまず良くて、前半戦最後のハンガリーでも現状の我々のパフォーマンスからすれば良いかたちで終えられたと思います。浮き沈みがあったシーズン前半戦でしたが、チームとして解析するのと、パワーユニットに関してはエネルギーマネジメントも含めた現状のハードウェアの使い方をもう一度シーズン後半戦の各サーキットのコース特性に向けて見直して戦闘力を底上げできるようにしていきたいと考えています」

 

ーー前半の12戦の中でベストレース、ワーストレースは?

こちらの記事は『F1LIFE』有料会員限定のコンテンツとなっています。
続きをご覧になるためには、プレミアム会員になって頂く必要があります。
会員登録の方法はこちら

※コース変更の場合は、旧コースの解除手続きを行なって下さい。
お客様の手で解除手続きを行なって頂かなければ継続課金は解除されませんのでご注意下さい。

会員登録する / ログインする(会員の方)

Related Articles

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (3)
    • konidin
    • 2018年 8月 01日

    タイトルは、ルノーには追い付いた、ですけど、田辺さんの言い方は、近付いた、ですね。
    差はほぼ無くなったけど….. くらいのイメージなんでしょうか…

    • MINEOKI YONEYA
      • MINEOKI YONEYA
      • 2018年 8月 01日

      立場上「追い付いた」と明言することはできないし、REN勢3チームを見ても明らかなように車体の特性やセッティングによってもかなり車速は違ってくるので、STR1チームしかいないホンダとしてはそこまで正確な比較ができないというのもあるようですよ。

    • konidin
    • 2018年 8月 02日

    なるほど、やはり正確な比較はできないのですね。
    まぁ、ほぼ同じレベルにいるようだ、と。

    あとは、つぎのアップグレードで AMGとFER にどれだけパワーで近付けるか、と、予選モードの「点火タイミングずらし」が実現可能か、ですね…..

コメントするためには、 ログイン してください。

Recent Post【最新の記事】

Calendar【日付で記事検索】

2018年8月
Mon Tue Wed Thu Fri Sat Sun
« Jul    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031