RACE【レース】

 

 FIA F2バクーラウンドのレース1で牧野任祐はフォーメーションラップのスタート時にストール。ピットレーンスタートを余儀なくされ、それでも荒れたレース展開の中で粘り強く走り続けたことでセーフティカー導入もあって11位までポジションを上げた。リスタートのターン1で上位勢3台がコースオフしたことで一時は8位に浮上したが、ペース自体は上位で戦えるものではなく1台に抜かれて9位でフィニッシュ。

 

 初ポイント獲得を果たしたとは言え、自分としては納得のいくレースはできなかったと牧野は語った。

 

ーーフォーメーションラップのスタートでストールしてしまいました。

「発進する前にスタート本番用のクラッチのバイトポイントは探していて『(クラッチミートは)この辺だな』っていうのは自分の中でアジャストしていました。なのでフォーメーションラップのスタートでは(オフラインの)汚れた側のグリッドだったのでゴムを乗せるために全開でホイールスピンさせようとしていったんです。それなのにストールしてしまったんで、正直言って意味が分からないですね。クラッチをリリースした時にスロットル全開だったら普通はホイールスピンしますからね。それがガンッ!ってすぐにストールしてしまいましたからね……」

 

ーーピットスタートでレースに加わりましたが、ペースが伸び悩んでいる様子でしたね。

こちらの記事は『F1LIFE』有料会員限定のコンテンツとなっています。
続きをご覧になるためには、ベーシック会員・プレミアム会員になって頂く必要があります。
会員登録の方法はこちら

※コース変更の場合は、旧コースの解除手続きを行なって下さい。
お客様の手で解除手続きを行なって頂かなければ継続課金は解除されませんのでご注意下さい。

会員登録する / ログインする(会員の方)

Related Articles

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. コメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

Recent Post【最新の記事】

Calendar【日付で記事検索】

2020年4月
Mon Tue Wed Thu Fri Sat Sun
« Mar    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930