RACE【レース】

 

 F1での市街地サーキットは初となるブレンドン・ハートリーだが、これまでのキャリアではストリートサーキットは得意だという。

 

 比較的バーレーンに似たコース特性のバクーでもQ3進出を目指すと語った。

 

ーーアゼルバイジャンGPはあなたにとってF1で初の市街地サーキットになりますが、自信はありますか?

「市街地サーキットではいつも良い走りができるし大好きだよ。マカオは今まで走った中で最も好きなサーキットだし、ワールドシリーズ・バイ・ルノーで走ったモナコも良かった。ミスが許されない中でウォールを擦りながら走るような感覚っていうのは、ドライバーなら誰でもそうだと思うけどすごくチャレンジングで楽しいものだよ。バクーのサーキットは走ったことがないけど、先週シミュレーターでできるだけ準備はしてきた。確かにすごくタフなレースだよ。モンツァのダウンフォースでモナコのようなコーナーを走るんだからね。去年のレース映像やデータはしっかりと見たけど、大勢のドライバーがミスを犯していたし、だからこそクルマが気持ち良く走れる状態に仕上がれば充分にチャンスが出てくる。今週末のチャレンジも楽しみにしているよ」

 

ーー中国GPの不振原因はどのように分析したのでしょうか?

こちらの記事は『F1LIFE』有料会員限定のコンテンツとなっています。
続きをご覧になるためには、ベーシック会員・プレミアム会員になって頂く必要があります。
会員登録の方法はこちら

※コース変更の場合は、旧コースの解除手続きを行なって下さい。
お客様の手で解除手続きを行なって頂かなければ継続課金は解除されませんのでご注意下さい。

会員登録する / ログインする(会員の方)

Related Articles

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (1)
    • 3Blackcats
    • 2018年 4月 27日

    記事の題名が「P・ガスリー」になってますよ。ちょっとかわいそう(笑)

コメントするためには、 ログイン してください。

Recent Post【最新の記事】

Calendar【日付で記事検索】

2020年4月
Mon Tue Wed Thu Fri Sat Sun
« Mar    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930