RACE【レース】

 

 アゼルバイジャンGPで1周目に2輪パンクを喫しながらも7位入賞を果たしたフェルナンド・アロンソは「ここ数年でベストレース」と語ったが、依然としてQ3進出ができない予選パフォーマンスの鈍さにはフラストレーションを募らせているようで、スペインGPに持ち込まれる“大型アップデート”にも勢力図を塗り替えるような期待はしていないと率直に語った。

 

ーー2輪もパンクを喫したにもかかわらず、まさか入賞できるとは予想もしませんでした。

「まさにそうだね、2輪だけでほぼ1周走行して、最後はほとんどハンドルも切れなくなってピットレーンに入るときはもうギリギリだったからね。そこから7位入賞できるなんて、僕も全く想像はしていなかったよ。ピットに戻った時点ではリタイアするしかないかもしれないと思っていたからね。ダメージのせいでパフォーマンス的にはかなり妥協を強いられてしまったけど、それでもこうして7位でフィニッシュできたのは僕たちにとってここ数年でベストなレースだったと言えるだろうね」

 

ーースタート直後の混乱については無線で批判していましたね。

こちらの記事は『F1LIFE』有料会員限定のコンテンツとなっています。
続きをご覧になるためには、ベーシック会員・プレミアム会員になって頂く必要があります。
会員登録の方法はこちら

※コース変更の場合は、旧コースの解除手続きを行なって下さい。
お客様の手で解除手続きを行なって頂かなければ継続課金は解除されませんのでご注意下さい。

会員登録する / ログインする(会員の方)

Related Articles

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. コメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

Recent Post【最新の記事】

Calendar【日付で記事検索】

2020年4月
Mon Tue Wed Thu Fri Sat Sun
« Mar    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930