RACE【レース】

 

 予選はウイリアムズと同等以上という本来のポテンシャルがアクシデントで発揮できなかったが、決勝では予想以上にペース不足に苦しんだ。その原因はタイヤのグリップの引き出し方もさることながら、パワーユニットのエネルギーマネジメントにあったようだ。

 

 決勝終了から4時間以上が経った午後10時、チームとしてのテクニカルでブリーフィングを終えたホンダの田辺豊治テクニカルディレクターはやや神妙な面持ちで言葉少なに語り、さらにここから急いでホンダメンバーによるさらなるブリーフィングへと入っていった。

 

ーーブレンドン・ハートリーが10位、ピエール・ガスリーが12位という結果についてはどうご覧になりましたか?

「何も無いよりは良かったというところです。ブレンドンは予選でもアクシデントがありましたが、今日はアクシデントが多かったレースの中でそれに巻き込まれることなく最後まで走り切ってポイントが獲れたのは良かったと思いますし、今後もこの調子で確実にレースを続けてもらえればと思いますね」

 

ーーハートリーは1周目にピットインしましたが、あれはセーフティカーを見て戦略的に動いてのことでしょうか? そこから最後まで走り切る戦略ではなかった?

こちらの記事は『F1LIFE』有料会員限定のコンテンツとなっています。
続きをご覧になるためには、ベーシック会員・プレミアム会員になって頂く必要があります。
会員登録の方法はこちら

※コース変更の場合は、旧コースの解除手続きを行なって下さい。
お客様の手で解除手続きを行なって頂かなければ継続課金は解除されませんのでご注意下さい。

会員登録する / ログインする(会員の方)

Related Articles

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. コメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

Calendar【日付で記事検索】

2018年5月
Mon Tue Wed Thu Fri Sat Sun
« Apr    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031