RACE【レース】

 

 FIA F2バクーラウンドのレース1で福住仁嶺は、チームの技術スタッフ数規定違反で予選失格となり後方グリッドからのスタートを強いられたものの、マシンのペースは良く、各車がピットストップを終えた10周目の時点で6位に浮上しさらに上位を狙っていた。

 

 しかし15周目あたりから急にペースが落ち、2度のピットストップ。エンジンに問題を抱え、レース後に調査したところブロー状態になっていたことが分かった。

 

 FIA F2の開幕戦、スーパーフォーミュラの開幕戦、そしてこのバクーのレース1と立て続けにトラブルに見舞われている福住は大きく肩を落としていた。

 

ーースタートでストールしたクルマを上手くかわして、その後は6位まで上がっていましたが、途中からズルズルと下がってきてしまいました。

「スタートは蹴り出しも良くなかったしホイールスピンしまくったし。周りで止まっているクルマもあったんでポジションを上げることができましたけど、その後も順調に順位を上げていけて……僕は何位を走っているのか分からなかったんですけど、レース中盤にペースを上げていって。でも最初にかなりプッシュしたんでタイヤがかなりキツくなってきたのでペースが上がらなくて走りは厳しかったです。抜かれるときはあっさりと抜かれてぶつからないようにしようということだけ気をつけて走っていました。そうしたらレース終盤になって一気にパワーがなくなって、パワーの出方が苦しい感じでした。ストレートでも全然前についていけなくなりましたから」

 

ーーセーフティカーが出た時にピットインしたのは、そのため?

こちらの記事は『F1LIFE』有料会員限定のコンテンツとなっています。
続きをご覧になるためには、ベーシック会員・プレミアム会員になって頂く必要があります。
会員登録の方法はこちら

※コース変更の場合は、旧コースの解除手続きを行なって下さい。
お客様の手で解除手続きを行なって頂かなければ継続課金は解除されませんのでご注意下さい。

会員登録する / ログインする(会員の方)

Related Articles

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. コメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

Calendar【日付で記事検索】

2019年9月
Mon Tue Wed Thu Fri Sat Sun
« Aug    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30