RACE【レース】

 

 4月28日、FIA F2の第2戦バクーラウンドはレース1が行なわれた。

 

 レース1は全車がスーパーソフトを選択してスタートしたが、フォーメーションラップのスタート時に2番グリッドのランド・ノリスと10番グリッドの牧野任祐がストールしてピットスタートに。レース序盤はポールポジションのアレックス・アルボンとジョージ・ラッセルによるトップ争いとなり、1周目と6周目には激しい抜きつ抜かれつも展開された。

 

 6〜8周目に各車がピットインを済ませ、ここでラッセルがアルボンをアンダーカットすることに成功しトップへ浮上、2位にはニック・デ・フリースが上がりアルボンは3位に落ちた。ここからラッセルはファステスト連発の走りで後続を引き離していくが、18周目にロイ・ニッサニーがターン4の出口でクラッシュしセーフティカー導入。

 

 21周目にレースが再開されると直後のターン1でラッセルのインに飛び込もうとしたデ・フリースがタイヤを大きくロックさせてオーバーシュートし、ターンインしようとしていたラッセルは際どいところで回避するがターン1を曲がりきれずバリア接触寸前になって大きくタイムロスを喫してしまう。

 

 この間にアルボンを抜いたアントニオ・フオッコが首位に立つが、25周目のターン1でアルボンはフオッコを抜き返して首位奪還。そこからは後続を寄せつけることなくトップでチェッカーを受け、様々なアクシデントが起きた波乱のレースだったが結果的にポールトゥウインを飾った。

 

 2位にはスタートでストールして大きく出遅れながらも最後にフオッコを抜いたジャック・エイトキン、ノリスもピットスタートから6位まで挽回してみせた。

こちらの記事は『F1LIFE』有料会員限定のコンテンツとなっています。
続きをご覧になるためには、ベーシック会員・プレミアム会員になって頂く必要があります。
会員登録の方法はこちら

※コース変更の場合は、旧コースの解除手続きを行なって下さい。
お客様の手で解除手続きを行なって頂かなければ継続課金は解除されませんのでご注意下さい。

会員登録する / ログインする(会員の方)

Related Articles

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. コメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

Recent Post【最新の記事】

Calendar【日付で記事検索】

2022年6月
Mon Tue Wed Thu Fri Sat Sun
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930