RACE【レース】

 

 アゼルバイジャンGP金曜フリー走行で、ルノーは長いストレートでの不利を解消するためにモンツァ仕様のリアウイングを投入してきた。ただしこれは翼端板に新たな手法を採り入れた新型だ。

 

 同じルノー製パワーユニットを搭載するレッドブルはモンツァ仕様とまではいかないがスパ・フランコルシャン使用を投入し、非力さをカバーするためにかなりリアのダウンフォースを削ってきている。

こちらの記事は『F1LIFE』有料会員限定のコンテンツとなっています。
続きをご覧になるためには、ベーシック会員・プレミアム会員になって頂く必要があります。
会員登録の方法はこちら

※コース変更の場合は、旧コースの解除手続きを行なって下さい。
お客様の手で解除手続きを行なって頂かなければ継続課金は解除されませんのでご注意下さい。

会員登録する / ログインする(会員の方)

Related Articles

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. コメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

Recent Post【最新の記事】

Calendar【日付で記事検索】

2020年3月
Mon Tue Wed Thu Fri Sat Sun
« Feb    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031