RACE【レース】

00_P6059381

 

 カナダGPが行なわれるジル・ビルヌーブ・サーキットは、元々1960年代に万博とオリンピック用に整備された人工島ノートルダム島の公園を舞台にした半公道サーキット。そのためパドックの設備も常設ではなく、この週末のために仮設で用意されます。

 

 ピットガレージの裏はすぐボート競技用の水路があるため、パドックはかなり狭いスペースに設置されています。ピットビルディング自体も小さく、その背後に作業スペース用のテントも張られるため、パドックは余計に狭くなっています。通路も狭く、大勢のゲストや生中継をするテレビクルーなどでまっすぐ歩くことも難しいくらい。しかもセッション前後にはここでタイヤを洗ったりといった作業も行なわれるため、かなりカオス状態です。

 

 ホスピタリティユニットはテント、ドライバーの個室やエンジニアたちのオフィス、キッチンなどはコンテナハウスを積み上げて設置。なんとも北米的な雰囲気のパドックです。

 

 それでもホスピタリティユニットのインテリアなどにはチームごとにキャラクターが出ますので、あまり評判のよろしくないカナダのパドックの雰囲気と合わせてそのあたりもご紹介していこうと思います。

 

01_P6070690

 

 レッドブルは割とシンプル。

 

 基本的にどのチームも5セットもっているうちの1セットを船便でこのカナダに送ってきていますので、ホスピタリティエリアのテーブルセットなどは他のグランプリと同じ仕様のものです。

 

01_P6070695 01_P6070473

 

 お馴染みの小さな冷蔵庫もしっかりと置かれています。

 

02_P6070679

 

 メルセデスAMGは今年はこの巨大なスリーポインテッドスターを飾るようになりました。

 

02_P6070683 02_P6080851

 

 インテリアは屋外は白、屋内はグレーといった感じ?

 

03_P6080839

 

 フェラーリは白い竹みたいなのをつないだ目隠しを立てて、ホスピタリティユニットを外界から遮断しています。ゲストも大勢やってくるので、この方が良いと言えば良いのですが、ちょっと狭苦しい感じがしますね。

 

03_P6080842 03_P6080847

 

 テーブルセットは白だったり木目だったりいろいろ。

 

04_P6070665

 

 ロータス。テントも既製品まる出しです(苦笑)。

 

04_P6070659 04_P6070665 04_P6070651

 

 でも内側は綺麗にまとまっていますね。スポンサーアイテムのグロージャンのPR什器もあります。

 

05_P607067005_P6070676 05_P6080858

 

 マクラーレンはピットガレージと同じピッカピカの白パネルを駆使して美しく仕上げています。奥のホスピテントのドアにチームロゴを貼り付けているところなんかも、細かくこだわっています。

 

06_P6070641

 

 フォースインディア。チェコペレのオヤジが邪魔です(苦笑)。もちろんこの週末は家族だけでなくメキシコからのゲストが多数やってきてホスピに溢れていました。

 

06_P6070643

 

 このど真ん中に設置されたソファセット、見た目は良いのですが、スペースのを有効活用しているとはいえないですね(苦笑)。

 

07_P6070646

 

 ザウバーはこんな感じ。質実剛健であります。

 

07_P6070650

 

 もちろんメキシコからのゲスト多数(手前がエステバンのパパ)。

 

08_P6070630

 

 トロロッソはフラアウェイではレッドブルとは別体です。

 

08_P6070633

 

 でも小さな冷蔵庫はありますし、運営しているのはレッドブルと同じエナジーステーションクルーたちです。

 

09_P6070634

 

 ウイリアムズはフライアウェイではあまりマルティニ感が出ていませんね。

 

09_P6070637

 

 バックパネルも実は質感が安っぽかったりします(苦笑)。イスを透明じゃなくてマルティニストライプを入れるくらいやっても良かったのでは?

 

10_P6070623

 

 マルシアは赤いテントが良い感じですね。その後ろに大きなとんがり帽子のテントもあり。

 

10_P6070626

 

 ちょっと落ち着いた感じのインテリアです。

 

11_P6070605

 

 ケータハムは清潔感のある白ベース。

 

11_P6070601 11_P6070620

 

 奥にはいつものソファセットもあります。緑色のユニオンジャッククッション、ちょっと良い感じですよね(既製品ですが)。

 

12_P6070613 

 

 FIAは質実剛健ながら、テントはちょっと高級感あります。

 

12_P6070609 12_P6070614

 

 とまぁ、モントリオールのパドックはこんな感じです。いつものモーターホームや新しいサーキットのホスピタリティユニットと比べてしまうと、ちょっと厳しい感じはあります。でも周りが緑と水に囲まれているから雰囲気が良いというのと、街から近くてチーム関係者もさっさと帰って街で食事ができるというあたりが人気の理由だったりします。

 

 さらに10年間の開催契約が延長され、パドックも含めたサーキット施設への改修投資も決まりましたので、これからどのように改善されるか楽しみにしたいと思います。

 

(text and photo by 米家 峰起)

 

 

Related Articles

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. コメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

Recent Post【最新の記事】

Calendar【日付で記事検索】

2019年6月
Mon Tue Wed Thu Fri Sat Sun
« May    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930