REPORT【報道】

ITEM2013-0013-01

ITEM2013-0013-03 ITEM2013-0013-05 ITEM2013-0013-04

 

ITEM2013-0013-06

 2月4日、ヘレス・サーキット。空は雲ひとつない快晴で、北ヨーロッパでは想像もできないような強い陽射しと晴天が広がっている。パドックにはもう半袖姿のユニフォームもあちこちで目に入る。

 2013年のオフシーズン合同テストの開幕を翌日に控えたこの日、メルセデスAMGの面々は大勢の報道陣に囲まれていた。例年のテストでは見られないほど多くの、イギリスから訪れたジャーナリストやカメラマンたち。彼らの視線の先にあるのは、ルイス・ハミルトンだ。

 午後3時、サーキットにメルセデスAMG・エンジンの軽快なエキゾーストノートが響き始めた。

 ヘレスのレイアウトはコンパクトで、パドックのすぐ裏を最終コーナーに向けた全開区間が走る。否が応でも、その走りのリズムが耳に入ってくるのだ。

 詰めかけた英国人たちの興味は、この若き母国のヒーローが新天地でどのような走りを見せるのか。それは彼の活躍を期待するものというよりもむしろ、愚かな決断の結末をそれ見たことかと嘲笑してやろうという興味本位のもののほうが勝っているようにさえ感じられた。

 そんなことはハミルトン自身もお見通しだ。マクラーレンでのデビュー初年度がそうであったように、それが自身に宿命づけられた役割なのだということを、彼は知っている。

 プロモーション撮影用として100kmだけ許された走行の持ち分を1時間半ほどで終えて、ハミルトンはレーシングスーツ姿のままホスピタリティユニットにやって来た。額にはまだバラクラバの跡が生々しく残っていたが、頻繁に見せる笑顔が、何かから解き放たれて眼前に広がる荒野に武者震いする彼の今を物語っていた。

 

ーー初めてメルセデスAMGのマシンに乗った今の率直な感想は?

「ポジティブに感じたよ。全くガッカリなんてしていない。とにかく、単にハッピーだよ」

ーーそのハッピーだという理由は?

「とにかくハッピーだから・・・・・・説明するのは難しいよ。新しいチャレンジ、新しいスタート、自分の人生における新しいチャプターに幸せを感じているんだ。自分の目の前に大きなチャレンジが待ち受けているという事実が、僕を駆り立ててくれる。クルマがどれだけ良いか悪いかなんて分からないけど、自分がここに貢献していくことにもワクワクしているんだ」

ーーマシンに関して、マクラーレンとの違いは?

「このマシンだって同じF1マシンのフィーリングだよ。今日はデモ用のタイヤだけど、ダウンフォースレベルはマクラーレンとそんなに変わらないと感じたし、同じメルセデス・エンジンでパワーは同じだしね。ステアリングのボタンやスイッチはかなり違うし使い方の手順も違う。(同じものでも)チーム内で使う用語も違う。今はまだそういうものに慣れていっている段階だね」

ーーそういう作業は順調に進んでいる?

「2007年のデビューに向けて準備をしていた頃のことを思い出したよ。あの時は(ボタンやスイッチの)コントロールや操作手順などたくさんのことを学ばなければならなかったけど、また今回もイチから学ばなきゃならない。マクラーレンに比べてメルセデスの方が倍近い数のボタンがあるんだ。以前の感覚が染みついているし、まだまだ覚え切れてないよ(苦笑)。もういくつかは外してくれって頼んだしね(笑)。エンジニアたちとの作業という点でも、チームワークのやり方がチームによって異なるから、そこもフレッシュな状態からの学び直しだね」

ーー慣れるのにはかなりの努力が必要とされる?

「マシンに乗り込む度に、1分1秒も無駄にしないように作業をしているんだ。さっきだってマシンにノートを持ち込んでメモを取っていたくらいさ。マシンのことにしてもステアリングのボタンのことにしてもピットストップのことにしても、考えなければならないことは山のようにあるんだ。慣れないことをたくさんチームから言われるし、僕にとって新しい手順はまだまだたくさんあるからね」

ーー2007年のデビューに向けた準備と比べて、今回はどのくらい難しい?

「あの時は2006年末と2007年の開幕前テストで、デビュー戦までに22日間くらい走れたはずだ。でも今は12日間しかない。それだけ制約が厳しくなっているから、シミュレーターの重要性が増している。僕もシミュレーターで走り込むことで多くを学べたし準備を進められたんだ。もちろん開幕してからも数戦はまだまだたくさんのことを学んでいくことになると思うけどね。

 今はまだちょっとマシンを走らせただけだし、マシンの方向性やエンジニアとの作業の仕方をどう変えるかというところまではいっていない。ただ、実際に走ってみて去年のクルマと比べてどこがどうだという指摘はできるし、それにチームのみんなも耳を傾けてくれるはずだ」

ーーシミュレーターの性能をマクラーレンと比較すると?

「レッドブルやフェラーリがどんなものを持っているのかは知らないけど、僕の知る限りではマクラーレンがベストだね。ただ、メルセデスのものもかなりマクラーレンに近いレベルではあるけどね」

——メルセデスAMGでの自分にはもう慣れた?

「ここには昨夜来たんだけど、クルマでパドックに入って来て見慣れたモーターホームを通り過ぎていつもよりも奥の方まで進まなきゃならなかったから、ちょっと不思議な感じはしたよね(苦笑)。メルセデスのモーターホームがどこにあるのかなんて全然知らなくてね。

 これまでとは違うメーカーのレーシングスーツを着たりもしているけど、そんなに大きな違いは感じないものなんだ。ただ、コクピットに収まると、これまでのクルマとは(ボタンなどが)随分違うんだということを感じるけどね」

ーー準備が完全に整うまでにはどのくらいの時間が必要?

「それはいずれ分かることだろう。昨年末の時点で、メルセデスのマシンはトップから大きく遅れていた。レースによっては2秒近くの差さえあった。このニューマシンはいろんな箇所がそこから進歩しているけど、それでも正常進化型であってマシンの基礎が大きく変わったわけではない。このマシンの進歩が大きなものであることを祈りたいし、ライバルたちがそんなに大きな前進を果たしていないことも祈らないとね」

ーーその中で自分の役割とは?

「僕は自分の技術と経験の全てを、このクルマを速くするために投入するつもりだ。スタッフからの質問にもできるだけ応えていこうと思っている。昨日の夜も空力スタッフにクルマのことを聞いていて、他のチームがやっている開発をこのマシンにも施してくれと頼んだんだけど、僕にできるのはそうやって叱咤激励することだからね」

ーーニコ・ロズベルグとのチームワークに問題はない?

「鍵となるのはチームに優秀な人材がいるかどうかだと思う。そしてみんなが同じ願望を共有し、円滑なコミュニケーションで一致団結して努力していくことだ。ドライバーが2人とも同じ方向性にマシン開発をプッシュしていけば、確かにそれも助けになるだろう。僕の経験からしてもニコは優れたドライバーだし、僕らのすすむ方向性が大きく異なるということもないだろうし、彼とともにチームをプッシュしていけると思うよ」

ーー首脳陣が入れ替わったことについてはどう感じている?

「あまり気にしていないよ。僕にはそれ以外にやらなきゃいけないことがたくさんあるからね。シーズンに向けた準備やトレーニング、エンジニアとのコミュニケーションなど、僕は自分のことだけに集中している。でも、先日ファクトリーを訪れてトト、ニキ、ロスに会って、実際に彼らがそれぞれどんな役割を担うのか詳しくは知らないけど、自分の周りにこうして力強いチームがいることを心強く思っているよ。チームにとってはポジティブな変化をもたらしてくれると確信しているし、ネガティブな要素は一切感じていないよ」

ーー移籍について批判的な声もあるが、今も後悔はない?

「みんなのコメントを見ると、笑っちゃうね。意見は人それぞれだけど、それは胸の中に留めておくべきなんじゃないかと思う時もある。僕はとにかくポジティブであろうと努めている。これは僕の決断であり、他の誰かがどうこういう問題じゃない。僕自身に掛かっているんだし、家族も支持してくれているし、僕は満足している。誰だって自分の決断は自分が満足するように自分で下すべきだよ」

ーー元チームメイトのヘイキ・コバライネンがシートを喪失したことについて、なにか感じるところはある?

「昨日、飛行機で降り立ってからここに着くまでにクルマを運転しながら、もうヘイキがここにいないんだと思うとすごく残念な気分になったんだ。もちろん彼の代わりに他のドライバーがシートに座ったわけだけど、彼ほどの優れたドライバーにシートを与えないなんてバカげていると思うよ。彼は僕にとって良い友人であり経験豊富な素晴らしいドライバーだからね」

ーーロスコー(Roscoe)という名前の犬を飼い始めたとTwitterで明かしていましたが、ここには連れてきていない?

「いや、彼はここには来ていないんだ。僕は生まれた時から犬と一緒に育ってきたし、犬は大好きだよ。今も母は数え切れないほどたくさんの犬を飼っているし、父も犬を飼っている。僕もずっと飼いたいと思っていて、それで飼い始めたというわけさ。今ではロスコーが僕のベストパートナーの1人さ。

 彼にパスポートをあげて常に一緒に旅して回れればいいなと思ってるんだけどね(笑)。バーニーにもパスをくれって頼んだから、そうなることを願ってるし、パドックにも来られるんじゃない?(笑) 次の月曜日(バルセロナ合同テスト)には来られるはずだよ」

ーーもうドイツ語は何か覚えた?

「いや、全然覚えてないよ(苦笑)。1つ知ってる単語もあるけど、それは言わない。誌面に書けないような単語だからね(笑)。あと知っているのは『wunderbar』(素晴らしい)くらいだから、それをできるだけ使っていくよ(笑)」

 

ITEM2013-0013-10

テスト初日、僅か15周で大クラッシュ
しかし驚異的なクラッシュ技術を見せる

 テスト開幕直前、このチームでの初めての走行に、とにかく上機嫌なハミルトンだった。

 だが、翌日のテスト初日は、順調とは行かなかった。ニコ・ロズベルグが走行を担当したが、電気系統のトラブルで僅か14周でストップ。配線の設計変更が必要と判明し、チームはここでテスト初日を打ちきり、2日目に向けてマシン修復作業に充てることとした。

 その甲斐あって、2日目は朝から走行が可能となった。ハミルトンがステアリングを握り、インストレーションチェックを入念に行ない、いよいよ本格的なテストを開始しようとした矢先、またしてもF1 W04はトラブルに襲われた。

 バックストレートエンドのターン6、時速300km近いスピードからヘアピンにアプローチしようとしたハミルトンのマシンのリアブレーキが破損し。ブレーキパイプからフルードが漏れ出てブレーキが効かなくなり、フロントブレーキのみをロックさせた状態で真っ直ぐグラベルにコースオフし、タイヤバリアに突き刺さったのだ。

 この事故にパドックは騒然としたが、衝突の衝撃自体はさほど大きくなく、ハミルトンはすぐに自力でマシンから脱出した。しかしトラブルの原因究明とマシン修復のため、メルセデスAMGは再び2日目もたったの15周のみで走行を取りやめることとなった。

 実は2日目までのメルセデスAMGはシフトダウン時のエンジンのリタード(遅延)点火をトライしていたようで、シフトダウン時にはバララッ、バララッとバラついた音を響かせていた。

 コアンダ型排気管からの高温の排ガス流管理に加えて、こうした電子的な試みがリアサスペンション周りを過熱させていた。中にはサスペンションアームが真っ赤に赤熱した様子を捉えた写真もある。これが初日の電気系トラブルや2日目のリアブレーキトラブルの原因になったのではとの見方は、おそらく正しい。3日目以降のメルセデスAMGはこのトライをやめたようで、それからは順調な走行を重ねることになった。

 ハミルトンはこの日も大勢の報道陣に囲まれたが、さすがに2日前ほどの笑顔はなかったが、それでも嫌な顔ひとつせずに質問に答え続けた。半袖の真っ白なチームシャツと紺色のデニムに着替えた彼は、椅子に腰を下ろし、左脚を上げワイルドに組んで、自分らしいスタイルを貫いていた。耳には2日前とは違う、褐色の輝石を埋め込んだピアスが光っていた。

 

ーー散々なテスト初日になってしまいましたが、今の気分は?

「もちろん、もっと走りたかったよ。でもまぁ、7年もF1をやってるからね、大丈夫だよ。そうだね、今日はちょっとしたスローダウンといった感じになってしまったね。クルマのフィーリングという意味ではあまり多くを学ぶことはできていない。

 朝はいろんなプロセスを確認するためにインストレーションラップをかなりたくさんやったんだけど、それは上手くいった。その後に新品タイヤを履いて走り始めたんだけど、幸いなことにマシンのフィーリングを確認しチームにフィードバックすることは充分できたよ」

ーー本番用タイヤで走ってみて、マシンのフィーリングは?

「マシンバランスにはとても満足だよ。トップチームに挑むための基礎はできていると思う。ただ、マクラーレンから来るとどうしてもその差は感じてしまう。あのクルマは割くシーズン末の時点で最速だったし、ダウンフォースの量は凄かったからね。でも、このクルマだってそんなに悪くはないよ」

ーー少ない周回数の中でも1分19秒台で6番手のタイムです。

「そうだね、そのくらいは簡単に出るんだ。もちろん、このマシンにはもっとポテンシャルがある。周りのクルマがどのくらいの燃料搭載量で走っていたのかは分からないけど、僕らもそんなに軽い状態で走ったわけではないし、自分たちのプログラムに専念して走っていただけだよ。新品タイヤで走れたのは4周ほどだったと思うけどね。でももっと空力性能が必要だから、僕も空力部門をプッシュしているんだ」

ーータイヤのフィーリングは?

「去年のタイヤとそんなに変わらないね。大きな違いは感じなかった」

ーー事故の瞬間は?

「ブレーキを踏んで、最初のコンマ数秒はちゃんとブレーキが効いていたんだ。でもすぐにペダルが奥まで行ってしまって、それ以上は何も効かなくなってしまった。後は衝突まで息を止めて備えるしかなかったよ。衝突の衝撃はそんなに大きくなかった」

ーー真っ直ぐタイヤバリアに突き刺さりました。

「もし途中でハンドルを切れば、マシンは向きを変えて滑り、横からタイヤバリアに激突していただろう。そうしたらマシンの側面に大きなダメージを負うことになってしまう。それよりも、真っ直ぐ当たった方がイージーなんだ。それならダメージはノーズだけで済むからね」

ーーステアリングから手を離して正面衝突に備えた?

「僕はステアリングから手を離さないんだ。急にマシンの向きを変えなきゃならなくなった時に備えているからね。よくこうやって手を離して胸の前で握って待つというけど、僕は常にステアリングを握ったままさ」

ーー次にコクピットに戻る際に不安は?

「全くないよ。これまでにも大きな事故は何度も経験しているし、例えば2007年のニュルブルクリンクがそうだったけど、あっちの方がもっとキツかった。でもクルマに戻れば問題ない。幸いなことに僕はこれまでたくさんの事故を経験してきて、そこから立ち直ってきた経験があるからね。だから全く心配はしていないんだ。

 チームはこれからデザインを見直して、あんなトラブルが二度と起こらないようにする。彼らならきちんと対処してくれると100%信頼しているよ」

ーー初日のニコのトラブルと共通の原因が?

「いや、ニコのは配線で、僕のはブレーキだ。別のトラブルだよ」

ーー何かポジティブな面はあった?

「あったよ、ほらこうして生きてるからね!(笑) それは冗談だけど、もちろんチームはこの事故にガッカリしてはいるけど、もうこんな事故を心配する必要はないからね」

ーー走行中止が決まってから、コースで他車の走りを観察した?

「ホスピタリティの裏で前を走っていくのは見たけど、そんなにたくさんは見ていない。どのクルマも綺麗だね(笑)。今年もレッドブルは素敵だ。ロータスも良い。マクラーレンは走ってこなかったから見なかったな」

ーーまだまだ先行きは長いと感じている?

「そうだね、まだまだメルボルンまでの道のりは長い。2011年のマクラーレンもそうだったけど、この段階で上手く行かないからといって項垂れていてはダメで、前を向いて進んでいかなければならないんだ。ガレージやファクトリーではスタッフのみんなが全力で頑張っているよ。

 テストの日数もまだたくさん残っている。テストはどんどんスムーズにできるようになっていくだろうし、走行距離も稼いでいけるはずさ。最後のバルセロナ・テストでこんな問題が起きるようだと、そりゃ最悪だけどね」

 

ITEM2013-0013-13

失った時間を挽回したテスト最終日
快晴の空の下、一流の風が吹き始める

 その言葉通り、3日目以降のメルセデスAMGは、まるで生まれ変わったかのように順調なテストを重ねた。3日目はロズベルグが148周、そして最終日にもハミルトンが145周もの周回を重ね、前半2日間のハンディキャップを補うべく、ライバルたちよりも多くの距離を走り込んだ。

 12時43分には縁石の外側にある人工芝が破損し、その修復のために1時間近くセッションが中断する場面もあった。しかしセッションの終了時間が30分延長されて、結果的に影響はほとんどなかったことも幸いした。

 ヘレスは4日間を通して快晴に恵まれたことも幸いだった。

 ハミルトンとしては是が非でも長く走り込んでおきたかったこの日も、朝から強い陽射しが照りつけ、気温は15度、路面温度は26度まで上がった。

 お気に入りのPRADAのサングラスをかけ、ハミルトンはレーシングスーツの上をはだけてガレージから出て来た。鍛え抜かれた肉体にフィットしたノーメックス製のアンダーウェアには、メルセデスベンツ、ペトロナスといったロゴが描かれている。

 初めての合同テストを充分な周回数で終えたハミルトンは、安堵の表情を浮かべていた。マシンはまだトップを争うには充分ではないとはいえ、まずは最低限の習熟走行はできたのだ。

 そこにはすでに、牽引役としてこのチームをトップに引き上げるため、自らの使命を明確に意識した姿があった。

 彼自身が語っていた通り、もしかするとこの移籍、この新たな挑戦は、すでに彼自身を大きく成長させようとしているのかもしれない。

 

ーー今日はどんなプログラムを?

「今日はセットアップ作業をして、タイヤのデグラデーションを見ながらグリップを引き出すための方法を探ってみたんだ。だからできるだけたくさん、長く走れたことは大きかったね」

ーードライビングスタイルや作業の方法を変える必要はあった?

「いや、そんなに必要はないよ。基本的にマシンの限界を引き出すための方法に違いはないからね。セットアップの変えるべき点というのも違わないしね。すでにダウンフォースは最大限に付けてあるけど、どこにどれだけダウンフォースをつけるべきなのかという特性の最適化だね。昨日のニコも今日の僕も、その作業を続けたんだ」

ーー今日は周回数も増えました。

 「初日よりは良くなったよね。今の僕らにはトラブルで止まっている余裕なんてないからね。確かに最初の2日間はつまずいてしまったし、このままいくとライバルたちが開幕までに5000km走るとしたら僕らは4000kmやそこらになってしまうかもしれない。でも昨日はニコが150周近く走り込んで差を縮めたし、半日分は取り戻したんじゃないかな? でもこれからも僕はできるだけ長くクルマの中で過ごしたいね。1周走るごと、セットアップを変えるごとに僕はどんどん学んでいっているからね」

ーー最終日に赤旗でまた時間を失ったのは痛くなかった?

「そんなことないよ。昼休みの時間をずらしてその間にランチをとり、メカニックたちはマシンに変更を施したりして、時間を有効に使ったからね。そんなに影響はなかったよ」

ーー次のテストではどんなプログラムを予定している?

「次のテストでもセットアップ作業を続けることになるだろう。特に空力特性のキャラクターを理解するための作業だね。エンジニアはその分析を行ない、僕自身はクルマと会話してクルマのことを理解する。セットアップを向上させるためにね。

 それに、チームに慣れる作業も続く。チーム内で使う用語も違えば、マシンのロールバーやサスペンション、ライドハイトなども違う。それをしっかりと学んでいかないとね」

ーーミディアムタイヤでの走行が中心でしたが、タイヤの印象は?

「そんなに悪くないよね。走り始めて1周目からすぐに機能させることができた。他のチームがどうかは分からないけど、去年このチームはタイヤのウォームアップに苦しんでいたからね。とはいえ今回は暖かいコンディションだったし、まださらにマシンのことを理解していかなければならないのは事実だ。僕にとっては開幕までにマシンを完全に自分のものにするために、まだまだやるべきことはたくさんある。まだ時間は掛かるよ」

ーー各チームのタイム比較については?

「レッドブルが速いのはいつものことだし、驚きじゃない。タイムからある程度の推測をする人もいるけど、結局のところライバルたちの燃料搭載量は分からないし、推測は推測でしかない。自分たちの正確なポジションはまだ分からないよ」

ーーメルセデスドライバーとしての初テストを終えた気分は?

「良い気分だね。チームはとても協力的だし、みんな全開で働いている。夜にはコースを走ってトレーニングをしているスタッフもいるしね。このチームからは大きなモチベーションを感じるよ」

ーー最初のテストを終えて、今の感触は?

「シーズンに向けて良い基礎はできていると思うよ。僕らが想定していたレベルにはいる。これ以上を望むことはできなかっただろうね。自分たちのポジションを理解し、マシンをどの方向性に持っていくべきなのかを理解し、エンジニアたちはダウンフォースを増やしてくれた。これから必要なのは方向性だ。エンジニアたちは僕とニコに対して、クルマのどこを改良すべきなのかという方向性を指し示すことを期待しているんだ。フロントなのかリアなのか? 全体なのか、コーナーの入口なのか出口なのか、そういった、いろんなことをね」

ーーその方向性はもうクリアになっている?

「いや、まだ完全にはクリアになっていない。テストを進めるに従ってもっとハッキリとしてくるはずだ」

 

 そう言ってハミルトンは颯爽とヘレスを後にした。

 彼のメルセデスAMG移籍を絶望的な決断だとする声もある。確かにそうかもしれない。超一流のマクラーレンに比べれば、ブラックリーのチームはまだまだ洗練されているとは言い難い。

 しかしハミルトンの加入と、彼がもたらした一流の風というものが、このチームの中で何かを変えつつあることは疑いのない事実だ。それはおそらく、ハミルトン自身が己の持つ経験と知識でこのチームを変えなければならないと強く意識しているからこそ起きている現象だろう。

 一流チームの中にあってその作法を遵守させられることに飽き果てた彼が、このチームでは強い使命感を持って一流の風を吹き込もうとしていることが、ひしひしと伝わってくる。

 すぐに答えは出ないかもしれない。成功を掴むまでには時間が掛かるかもしれない。

 しかし、彼らはすでにそのゴールに向かって歩み出す努力を始めている。確信を持ってそう言える何かが、生まれ変わったハミルトンとメルセデスAMGからは感じられた。

ITEM2013-0013-16

(text by Mineoki YONEYA / photo by Wri2, MercedesAMG)

 

 2013年2月17日発行

ITEM2013-0013/FOLB-0052

 

Related Articles

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

Recent Post【最新の記事】

Calendar【日付で記事検索】

2020年7月
Mon Tue Wed Thu Fri Sat Sun
« Jun    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031