REPORT【報道】

 20140130_kk-01A

 

 ケータハム加入発表から1週間。ヘレスに姿を見せた小林可夢偉に、F1復帰決定からテストに至るまでの数日間の様子を聞いた。すでにシミュレーターで作業を開始しているとはいえ、準備は充分ではないという。

 

 そして、このチームに対する期待と感触は? 可夢偉の言葉と態度からは、経験と“気持ち”で引っ張っていくというチームリーダーとしての役割を強く意識していることが感じられた。

 

ーー契約が決まってからの数日間はどう過ごしてきた?

「発表の日のファクトリーに行ってから、それこそ日曜日も含めて毎日行ってましたよ」

 

ーーチームの雰囲気はどうだった?

「雰囲気がどうのこうのって言ってる場合じゃなくて、僕らが自分で持ち上げるしかないですからね。やるしかないっていう。去年の時点でチームのモチベーションが下がってたのも事実やし、仕事は多いし、だからここで僕がちゃんと引っ張れれば、チームとしても良いことやし、自分としても評価に繋がるし。やりがいもクソもなくて、『やるしかない』っていうだけですよ(笑)」

 

ーーでも「自分が引っ張っていかなきゃいけない」という気持ちはザウバーの時よりも強いのでは?

「ザウバーの場合は(自分もチームも)経験がないところから一緒に頑張って一緒に成長していったっていう感じやったけど、今回は僕は『経験があるからチームを引っ張ってくれ』っていう役目でここに来てるからね。トニー(・フェルナンデス)が『おまえの経験と勢いならなんとかなるだろう!』って、ようわからんけど(苦笑)。トニーはチームをなんとかしたくて、やる気があってチームのモチベーションを上げられるドライバーを必要としてたんです。最初に言われたのはそういうことでしたね。

 まぁ、気持ちの問題でしょ。気持ちしかないですよ、あとは」

 

ーートニーにはそこを買ってもらえたということ?

「カネ勝負やったら全然勝負になってなかったですからね。たまたま僕は、莫大な額を持ち込まなくても“気持ち”で乗せてくれるトニーがいただけで。トップチーム以外はとにかく『カネ、カネ、カネ』で、カネがないと話にならへんし(苦笑)」

 

ーークルマを見た第一印象は?

「カッコイイっす。F1は全部カッコイイでしょ?」

 

ーー段差ノーズの時は「かっこ悪い」って言ってたじゃない?

「それは米家くんが勝手にそう書いてたんでしょ?(笑) 俺はヘタにそんなこと言われへんし(苦笑)」

 

ーーいやいや、カラーリングをなんとかして欲しいとか言ってたよ。

「いやね、もうかっこ悪いとか言わへんことにしたんですよ。カッコイイと思い込んでそうするしかないでしょ(苦笑)。ブサイクな女の子でも可愛いと思い込んで可愛くするのと一緒でしょ(笑)。そういうことですよ」

 

20140130_kk-01B

 

ーーシミュレーターはどのくらい乗った?

「え〜っと、1、2、3……3日間ですかね」

 

ーークルマの印象はこれまでのマシンと違った?

「全然違いましたね。まず(ギアボックスの)8速に驚きやし(苦笑)、ギア比もそんなにないからコースに(最適な状態には)合わせられへんし、ターボやからトルクがあるんですけどそのくせギアがショートやからもっとトルクがあるように感じるし、ダウンフォースが少ないからもっとホイールスピンするし」

 

ーーそういう状況は可夢偉選手にとって有利に働きそう?

「まだ走ってないから分かんないっす(苦笑)。ぶっちゃけ、実際に走ってみないと何とも言えないですね。シミュレーターだけで何かを判断するっていうのは厳しいですよ。どれだけシミュレーターが正しいかも分からへんから。プレイステーションで走って『俺は行ける!』って言ってる感覚でええんやったら何とでも言えますけどね(笑)」

 

ーー可夢偉選手はTMGのシミュレーターも開発していたけど、それと比べてケータハムのシミュレーターの精度とか規模は?

「それもこれから開発していかないといけないですね。おカネをかけたからといって良いものが出来るわけじゃなくて、一番重要なのはタイヤのシミュレーションモデルを正確に入れるっていうことなんですけど、これだけピレリのタイヤがころころ変わってたら、合わせきれないうちに次の仕様になってしまうし、モデルもクソもないんですよね。だから今はシミュレーターを完璧にしろっていうのが不可能なんですよ」

 

ーーじゃあここに来るまでのシミュレーター作業は、クルマのシステムに慣れることくらい?

「まぁ、慣れることと、この新レギュレーションの中でサーキットでどうやって煮詰めていくかというステップの作り方ですね。たとえばブレーキバイアスひとつとってもこれまでとは違うから、それをどうしたらどう変化するのかとか、こういうコースではどう変化するかとか、そういう方向性を見つけておく作業ですね」

 

ーーそういう準備はもうある程度整っている?

「まったくできてへん(苦笑)。ここにきてボーッとしてるんやったら、ファクトリーでシミュレーターに乗ってる方が賢いと思いますよ、実際には」

 

ーーステアリングのボタン操作は複雑になっている?

「いや、ボタンの数は一緒です。逆に操作は減るかもしれないですね、KERSのボタンは付いてるけど自分で使うことはないかもしれないから。システムでエンジンの馬力として平均的に入れることもできますからね。

 V6になってるからエンジン自体のパワーは減ってるけど、そこをKERSで補うわけで、去年と同等のパワーを出すためには常にKERSをオンにしておかなきゃいけないですからね」

 

ーーラップタイムはまだまだ遅いけど……?

「GP2よりも遅いっすね(苦笑)。ホンマに走ってないからなんとも言いようがないけど、実際に自分が全開で走ったらどこまで行けるかも分からないし、どこをどう開発していけばいいかっていうのもまだ分からへんし。走ってないからエンジニアも何も言えないんですよ(苦笑)」

 

ーーコースサイドでライバルの走りを見たりはしていない?

「見ても分かんないし(苦笑)。寒いだけですよ、風邪ひいてしまうわ(苦笑)」

 

ーーこのレギュレーション変更は、ケータハムにとってはチャンス?

「僕らにとってはチャンスしかないでしょう。何のリスクもないし。失敗したところで(これより下はないから)何も変わらへんわけやから(苦笑)」

 

ーーチームメイトのマーカス・エリクソンとは?

「そんなに知ってるわけじゃないけど、多分(日本関係の)どっかで繋がってるんでしょうね」

 

ーー「仲良くやろうぜ」とか話した?

「そんな話しないっすよ、そんなこと話してたら笑ろてしまうわ(苦笑)」

 

ーー日本の遊び場所の話とかでしょ?

「六本木のどこの店が良いとかっていうのは良く知ってたけどね、アイツは(苦笑)」

 

(text by 米家 峰起 / photo by Wri2, Caterham)

 

Related Articles

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. コメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

Recent Post【最新の記事】

Calendar【日付で記事検索】

2020年7月
Mon Tue Wed Thu Fri Sat Sun
« Jun    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031