RACE【レース】

 

ーーグリッド上でのフェルスタッペン車の修理はどれほど大変なものだったのでしょうか?

「マックスはグリッドに向かうレコノサンスラップで3度もコースオフしたんだが、その3回目のコースオフが非常に絶望的に見えたあれだ。すぐにトラックロッドとプッシュロッドが折れているのは分かった。最大の問題はウィッシュボーンまで折れているかどうかということだったが、もしウィッシュボーンが折れていればゲームオーバーだった。だからとにかくまずは(ピットガレージに戻すのではなく)グリッドまでマシンを運び、そこでどこまでやれるか最大限トライすることを決めたんだ。メカニックたちは本当に信じられないくらい素晴しい仕事をしてくれた。普通なら1時間半かかるような作業を、たった20分間でやり遂げてみせたんだ。作業禁止時間を迎える25秒前に完了した。彼らなしにこの2位という結果を成し遂げることはできなかったよ」

 

ーーサスペンションはトー角などセットアップが複雑な箇所だけに容易ではなかったのではないでしょうか?

こちらの記事は『F1LIFE』有料会員限定のコンテンツとなっています。
続きをご覧になるためには、ベーシック会員・プレミアム会員になって頂く必要があります。
会員登録の方法はこちら

※コース変更の場合は、旧コースの解除手続きを行なって下さい。
お客様の手で解除手続きを行なって頂かなければ継続課金は解除されませんのでご注意下さい。

会員登録する / ログインする(会員の方)

Related Articles

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (2)
    • toukeidou
    • 2020年 7月 20日

    マシンが~、Z!

    って絶叫でもしますかね(笑)

    ホーナーさんも言ってるように

    異常

    やね~。マックスすげぇけど。

    • 3Blackcats
    • 2020年 7月 20日

    古い表現ですが「電光石火の」修復作業、シビれます。

    最近公開された、ある劇場版アニメ予告編の一場面を思い出しました。
    (その予告編のセリフ抜粋)
    「復元オペ作業可能時間は、今より720秒とします!」
     、、、
    「いいから!口の前に手を動かせ!」
    「作業可能時間、あと420秒」
    「予定よりかなり押してます。」
    「焦らず巻くわよ」
     、、、
    「作業残り時間あと360秒!」
    「ダメって言うな!」
    「無理って言うな!」
    「弱音を吐くな!これだから若い男は、、」
     、、、
    (11秒残して作業完了)

    昨年末のNHKのF1特集番組内で田辺さんが
    「レッドブルから、「ホンダがちゃんとPUを準備してくれるからピットクルーが帰れて疲れが溜まらない。その結果が、タイヤ交換の速さに繋がっている」と言われた」
    と紹介してましたが、今回の修復作業にも良い効果あったのだといいなぁ。

    頑張れ、ホンダ。

コメントするためには、 ログイン してください。

Recent Post【最新の記事】

Calendar【日付で記事検索】

2021年8月
Mon Tue Wed Thu Fri Sat Sun
« Jul    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031