RACE【レース】

 

 FIA F2の第7戦イギリスラウンドは7月7日にレース1、7月8日にレース2が行なわれ、それぞれアレックス・アルボンとマキシミリアン・ギュンターが優勝した。

 

 レース1はほぼ全てのマシンがオプションタイヤでスタートする戦略で、ポールシッターのジョージ・ラッセルがレース序盤をリード。しかし6周目にオプションスタート勢が一斉にピットインしたところで2位アルボンがラッセルを逆転。

 

 オプションスタート勢が6〜8周目にピットインしてから終盤まではプライムスタートの牧野任祐とラルフ・ボシューンが上位を走行したが、彼らがピットストップを済ませると再びアルボンがリードし、ラッセルを寄せ付けずトップでチェッカーを受けた。ラッセルは5秒加算ペナルティを科されていたため追撃は諦め2位確保とした。

 

 セルジオ・セッテ・カマラはマシントラブルで白煙を上げてリタイア、タイヤのデグラデーションに苦しんだランド・ノリスはズルズルと後退、それ以外の上位は序盤と順位が変わらないままフィニッシュとなった。

 

 レース2はリバースポールのギュンターが序盤からリード。2位走行のニック・デ・フリースはタイヤのデグラデーションが早く、追い上げを見せるラッセル、ノリス、マルケロフらをレース中盤から押さえ込むかたちになり、ギュンターは逃げ切ってFIA F2初優勝を挙げた。

 

こちらの記事は『F1LIFE』有料会員限定のコンテンツとなっています。
続きをご覧になるためには、ベーシック会員・プレミアム会員になって頂く必要があります。
会員登録の方法はこちら

※コース変更の場合は、旧コースの解除手続きを行なって下さい。
お客様の手で解除手続きを行なって頂かなければ継続課金は解除されませんのでご注意下さい。

会員登録する / ログインする(会員の方)

Related Articles

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. コメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

Recent Post【最新の記事】

Calendar【日付で記事検索】

2018年12月
Mon Tue Wed Thu Fri Sat Sun
« Nov    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31