RACE【レース】

 

 オーストリアGPは予選でポールポジションを獲得したバルテリ・ボッタスがスタートに失敗し、代わって首位に立ったルイス・ハミルトンもVSC出動時にステイアウトしたためその後のピットストップで後退、最後はオイルポンプ不良による燃圧低下でリタイアとなった。

 

 予選ではメルセデスAMGとフェラーリに歯が立たなかったレッドブル勢だったが、ハミルトンのピットストップで代わって首位に立ったマックス・フェルスタッペンが2位キミ・ライコネンと3位セバスチャン・フェッテルのフェラーリ勢を抑えきって今季初優勝。レッドブルにとっては初の地元グランプリ優勝となった。

 

 中団グループではハース勢が速さを見せロマン・グロージャンが4位で今季初入賞、VSC時にステイアウトしなければならなかったケビン・マグヌッセンも僅差の5位でダブル入賞を果たした。フォースインディア勢も最後はこれに迫ったものの6位・7位。予選で下位に低迷したフェルナンド・アロンソは追い抜きを容易にするため低ドラッグのフロントウイングに交換してピットレーンスタートとし、レース最終盤にザウバー勢とトロロッソ勢を抜き去って8位を手に入れた。フロアにダメージを負っていたピエール・ガスリーは入賞圏内を走っていたものの最後にタイヤがタレてザウバー勢にも抜かれ11へ転落した。

 

 実際に誰が速かったのは誰なのか、実際の各車のパフォーマンスがどうだったのか、レースペースと戦略を詳細に分析することであぶり出してみよう。

 

 オーストリアGP決勝のラップタイムを表にすると、以下のようになる(横軸が周回数、縦軸がラップタイムで上に行くほど速い)。

 

こちらの記事は『F1LIFE』有料会員限定のコンテンツとなっています。
続きをご覧になるためには、プレミアム会員になって頂く必要があります。
会員登録の方法はこちら

※コース変更の場合は、旧コースの解除手続きを行なって下さい。
お客様の手で解除手続きを行なって頂かなければ継続課金は解除されませんのでご注意下さい。

会員登録する / ログインする(会員の方)

Related Articles

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. コメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

Recent Post【最新の記事】

Calendar【日付で記事検索】

2018年11月
Mon Tue Wed Thu Fri Sat Sun
« Oct    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930