RACE【レース】

 

 7月1日、FIA F2の第6戦オーストリアラウンドはレース2が行なわれ、ポールポジションからスタートしたアルテム・マルケロフが優勝した。

 

 前日のレース1に続きセーフティカーの先導によるフォーメーションラップの後にローリングスタートでレース開始。ここからマルケロフは抜群のタイヤマネージメントを見せて後続を寄せ付けることなくトップでチェッカーを受けた。

 

 ソフトタイヤのデグラデーションはレース1よりもさらに大きく、途中で大きくペースを落とすドライバーも多々見られた。その中でマルケロフと同等かそれ以上の好走を見せたレース1の勝者ジョージ・ラッセルが8番グリッドから追い上げて2位でフィニッシュ。セルジオ・セッテ・カマラはラッセルに抜かれたもののそれ以上のペースダウンは防ぎ3位で表彰台を獲得した。

 

 2番グリッドスタートの牧野任祐はじわじわとペースを落としていき、アントニオ・フオッコやアレックス・アルボンに抜かれ、6位でフィニッシュするのがやっとだった。福住仁嶺は8位を走行していたものの最後にニコラス・ラティフィに抜かれ9位でポイント獲得はならなかった。

 

こちらの記事は『F1LIFE』有料会員限定のコンテンツとなっています。
続きをご覧になるためには、ベーシック会員・プレミアム会員になって頂く必要があります。
会員登録の方法はこちら

※コース変更の場合は、旧コースの解除手続きを行なって下さい。
お客様の手で解除手続きを行なって頂かなければ継続課金は解除されませんのでご注意下さい。

会員登録する / ログインする(会員の方)

Related Articles

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. コメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

Recent Post【最新の記事】

Calendar【日付で記事検索】

2020年6月
Mon Tue Wed Thu Fri Sat Sun
« May    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930