RACE【レース】

20140722-10

 

ーースタート直後に大きなアクシデントに遭遇しましたが、その瞬間を振り返って頂けますか?

「スタート加速は良かったし、前のバルテリは少しホイールスピンをしていたから彼のアウト側まで並びかけることができたんだ。でも同じチームの2台でスタート直後の1コーナーで争ってもしょうがないから、僕はバックオフして彼に先を譲ったんだ。特に、僕らにとってはしっかりと結果を手に入れることが重要だったからね。それなのにターンインしていったら後ろからタイヤをヒットされて、飛ばされてしまったんだ」

 

ーーひっくり返った時は恐かった?

「全てが上下逆に見えて、すごく変な気分だったよ。僕は今までフォーミュラカーでひっくり返ったことなんてなかったからね。でも衝撃は何もなかったし、クルマが元に戻った時には身体は100%問題なかったけどね」

 

20140722-11

 

ーーレーシングアクシデントだったと思いますか?

「僕はあそこにクルマがいるのを知らなかったけど、(ケビン・)マグヌッセンは前に僕ら2台がいることは知っていたわけだから、彼が引くべきだったんだ。あのコーナーはとてもタイトだから、3台が並んで入っていけるような場所ではないからね。僕からすれば、彼がアグレッシブ過ぎたと思う」

 

ーー彼に責任があった?

「僕は自分のラインをトレースしただけだよ。僕の方が前にいたんだから、僕には自分のラインを通る権利があった。特にタイトなラインではなく、ごく普通のラインでターンインしていったんだ。彼にはそれが見えていたんだから、彼の方がブレーキを踏むべきだったんだ。逆に、僕には彼のマシンは見えていなかったわけだしね」

 

ーーあなた自身は避けようとは思わなかった?

「もちろん彼のマシンが見えていたなら、僕はアクシデントを避けるために何らかのアクションを取ったよ。外側に行くとかね。でも、あのタイミングで彼のマシンを視界に入れるのは不可能だった。僕にはどうしようもなかったんだ」

 

20140722-12

 

ーーこの後スチュワードの裁定が下りますが、彼にペナルティが科されるべきだと思いますか?

「分からないよ。ただひとつ言えるのは、彼がオープニングラップにアクシデントを起こしたのはこれが最初じゃないってことかな。若いドライバーはみんな1コーナーで優勝争いでもしているかのような走りをしたがる。でもそこでアクシデントを起こしてもしょうがないじゃないか? 僕が彼のポジションにいたとしたら、間違いなくバックオフしていたよ」

 

ーー若手ドライバーはアグレッシブ過ぎると思いますか?

「F1にはF1のルールがある。下位カテゴリーのルールとは違うルールだ。F1に来たらF1のルールに従わなければならない。スチュワードだって、そのルールに従って裁定を下すべきだ。もしルールが必要ないなら、ルールをなくしてレースがどうなるか考えてみれば良いよ。僕がF1にやって来たばかりの頃は、クラッシュは何度もしたけど、スタート直後のこういうアクシデントはあまりなかった。フェルナンドにしてもキミにしても、僕らが若かった頃はちゃんとF1のルールに従っていたしこんなことはなかったと思うけどね。若手ドライバーたちが良いドライバーじゃないという意味ではないし、彼らにも才能があると思うけど、時には彼らも1コーナーで優勝争いが決まるわけではない(から時には引くべきだ)ということを理解しなければならないと思う。実際、彼だってあのアクシデントで無傷では済まなかったし何ポイントかは失ったわけだからね。これで次からはもう少しイージーに行くべきだと理解してくれれば良いんだけどね」

 

(text by 米家 峰起 / photo by Wri2)

 

 

 

Related Articles

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. コメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

Recent Post【最新の記事】

Calendar【日付で記事検索】

2019年9月
Mon Tue Wed Thu Fri Sat Sun
« Aug    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30