RACE【レース】

20140717-01

 

 チームのリストラが進み、自身のシート喪失も噂されていた小林可夢偉だが、本人は全く気にしていなかったという。チーム新経営陣はすでにマシンアップデートに注力し、レースで結果を出してランキングを上げていく方を選んだ。そのためには持ち込みドライバーではなく、可夢偉のようなドライバーが必要だからだ。可夢偉自身としても、開発をせずに資金持ち込みだけを狙うチームなら走っても意味がなく未練もないと断言した。

 

ーーチームスタッフの再構築も進んだようですね。

「いなくなった人もいるし、コスト削減のために現場に来てない人もいるし、若干の変化はありますね。まぁ突然の変化やったんで、みんなまだこれをどう言葉に表わして良いのか分からないっていう感じでですね」

 

ーーアップデートを進めるという話も出て来て、ポジティブな方向には進んでいる?

「ポジティブな方に行くと思います。これまでは開発を止められていたような状態で、何にもすることができなかったわけやからね。だから、悪い方向には行かないと思います。悪い方向に行くとしたら、このチームのファクトリーを畳むくらいでしょ(苦笑)。そうじゃない限り、良い方向には行くと思いますよ」

 

ーーアップデートがいつ入るとかいう話は?

「まだ分かんないです。でも『夏休みに2週間ファクトリーを閉めるのが痛い』って言うてたから、逆に言えばもう少し時間がかかるかもしれないですね。それがなければベルギーに入れられる、って意味じゃないかなと。まぁ、さすがに鈴鹿以降に入るようなことはないと思いますよ、それじゃ遅すぎるから。だからモンツァから鈴鹿までの間に入るんじゃないですかね」

 

ーーあとはもう製造するだけ?

「多分こういうものっていうデータはあるんですけど、それを形にする段階が進んでいないということですよね。結構いろんなモノがあったんで、それくらい時間はかかるでしょうね。どっかのニュースでは、この“カッコイイ”ノーズが変わるとか言われてましたけど、どうカッコ良くなるか気になりますね(笑)」

 

ーーこないだは「アップデートが入ったらチームにお金が入ったと思ってください」って言ってたけど、そういうこと?

「なかなか難しい質問ですねぇ(苦笑)。まぁ、売却されてなければシルバーストンでこのチームは潰れてたかもっていうくらいなんで、まだ続いててアップデートの話もしているということは、お金が入ったっていうことですよね」

 

ーーリストラについては?

「まぁ簡単に言うと、チームのオペレーションどうこうよりも、クルマのパフォーマンスの問題なんで、まずは人を切って開発に回す予算を増やそうっていうふうに考えたんでしょうね。ただそれだけの話ですよ。これまで規模的に多すぎたかなっていう部分もあったし、もし経営者としてここに来るなら当たり前のことをやったと言えるんじゃないですかね。チームの人も少なくなってそれぞれの責任感も増えてると思うし、小さいチームで何か変化が必要やっていうときにはこの動きは正しかったと思います」

 

ーー高給取りからクビにしたっていう感じ?

「お金をもらってない僕がまだ生きてるっていうことは、その可能性が高いですね(笑)」

 

20140717-02

 

ーードライバーも交代されちゃうんじゃないかという報道もあったけど?

「いや、僕を切ったところで何も変わらないですからね。それをやるんやったら、(性能向上を狙う必要もなくて)アップデートもしなくて良いじゃん、っていうことでしょ? それで僕がいられなくなるんやったら、チームとしてそこまでやったっていうことやし、僕としては何の未練もないし。それってスポーツとしてF1をやってるんじゃなくて、ビジネスとしてやってるってことでしょ? 僕はそんなことには興味ないし、最初にこのチームと契約したときもトニー(・フェルナンデス)が『なんとかポイントを獲りたいし戦いたい』って言ってたからここに来たんで」

 

ーーじゃあ、この1週間のインターバルの間もどっしりと構えていた?

「そうですね。クルマのパフォーマンスを上げようとするなら僕はいる、クルマのパフォーマンスを追究しないなら僕はいない、っていうシンプルなことやと思ってたんで」

 

ーー結局クリスチャン・アルバースがチーム代表を務めることになったようだけど?

「チーム代表の経験がない人なんで、難しい部分は確かにあるとは思います。でも彼自身ドライバーをやってたこともあるし、僕らの気持ちもよく分かってくれるかもしれないし」

 

ーーそれ以外のスタッフのリストラは? 現場の人は減った?

「エンジニアは3〜4人いなくなりましたね。メカニックは変わってないと思います。『みんな生き残ってたなあ〜』っていうのが今日会ってかけた最初の言葉でしたから(笑)。『もしかしたら(リストラリストの)次のページかもしれないし、名前を呼び忘れてるだけかもしれないし、来週いないかもしれないし』って言うてましたけどね。まぁでも僕は人が減っていくチームで戦うのは得意ですから!(笑) 今までいっつもそうでしたからね」

 

ーーFRICの禁止で差は縮まる?

「どうですかね……実際にはその差以上のタイム差があるし、FRICの善し悪しだけで僕らがここにいるわけじゃないですからね。あんまりそこには変に気を取られないように今週末は頑張りたいなと思いますけどね。まずはマルシアと戦えるように。まぁ、タイヤのスペックは柔らかいし、このコースのレイアウトと温度的に言えば、そんなに酷くはないと思いますからね」

 

ーー2年前のホッケンハイムのレースでは好走を見せて5位でフィニッシュしたけど?

「まぁ、予選が雨じゃなくてちゃんと前からスタートできていれば、もっと上に行けてたレースでしたよね。でも前回のシルバーストンも好きなサーキットやったんですけど、このクルマでは別のサーキットかっていうくらい違ってて、全然走れなかったんで、一概には言えないと思いますけどね……」

 

(text and photo by 米家 峰起)

 

 

 

Related Articles

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (2)
    • masayoriA
    • 2014年 7月 18日

    「クルマのパフォーマンスを上げようとするなら僕はいる、クルマのパフォーマンスを追究しないなら僕はいない」
    このシンプルな考えにずこく共感できる。可夢偉らしい発言。それにしても、なぜ日本企業は可夢偉を応援しないのだろう。スポンサーのコンフリクトとか問題があるのかもしれないが、それにしてもって感じですね。やっぱりマンちゃんにマネージャーを依頼するしかないのかな(笑)。

    • MINEOKI YONEYA
      • MINEOKI YONEYA
      • 2014年 7月 18日

      日本の企業はF1ファンに向けてアピールする必要性もないし、F1のイメージを使ってアピールするようなものもないし、ということでF1へのスポンサーはしないですね。ホンダさんが入って来てF1のイメージが少し変われば日本企業の雰囲気も違ってくるかもしれませんが・・・結局、噂されていた某社のマクラーレンへのスポンサーもポシャりましたしね。

コメントするためには、 ログイン してください。

Recent Post【最新の記事】

Calendar【日付で記事検索】

2021年4月
Mon Tue Wed Thu Fri Sat Sun
« Mar    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930