REPORT【報道】

ITEM2012-0010-01

MYS-02 MYS-03 MYS-04

 

「牧場に行って、牛を見てきました。パースってメチャクチャ太陽が強いんです。ヤバいですよ」

 そう言って可夢偉は、日に焼けた顔を歪ませた。

 メルボルンの開幕戦からわずか4日、グランプリサーカスはもうマレーシアに移動し次の週末を迎えようとしていた。このクアラルンプールにも、強い陽射しが降り注いでいる。

「開幕戦の後の気分? 美味しい肉が見つかって良かったなぁって(笑)。でも3日間とも移動ばっかりで大変でしたよ」

 可夢偉は開幕戦の成果に、確かな手応えを感じていた。

 それは最終周の幸運による6位という結果にではなく、C31というマシンが現状で持っているポテンシャルに対してだ。

 だからこそ、今の気持ちを聞かれても答えをはぐらかした。

 手負いのレースではなく100%の実力を出し切ることができたならば、期待以上の結果がついてきそうな予感があった。だからこそ、その数字を声にはしたくなかった。声にすれば、それは現実のものとして目の前に立ちはだかってしまうのだから。

「まぁでも、開幕戦はポイントを獲るのが一番大事やったから、結果ラッキーであの順位やったけど、状況を見てたら9位のままでも充分やったと思いますね」

 そう言う可夢偉にしつこく食い下がると、「今回も目標はポイントですね」と言った。

 もっと上を目指す気はないのか? そう問い掛けると、「そんなに欲張んないです」といって悪戯っぽく笑った。

 そして最後に可夢偉はこう付け加えた。

「予選をきちんとまとめて、スムーズに力を出し切りたいですね」

 セパンの空は変わりやすく、さっきまで強い太陽が顔を出していたかと思えば、もう別の方角からは黒い雲が上ってくる。

 昼過ぎの雨だけでは飽き足らず、午後3時を前に再びの豪雨。

 可夢偉の期待とは裏腹に、今年のセパンには荒れ模様の予感が漂っていた。

 

 金曜のザウバーのガレージは、慌ただしい雰囲気に包まれていた。

「オーバーステアがひどすぎる、こんなんじゃとても運転できないよ!」

 チームメイトのセルジオ・ペレスが無線で叫ぶ。リアの不安定さが、コーナー入口でのオーバーステアを呼んでいる。

 可夢偉のマシンにはギアボックスにトラブルが発生し、メカニックたちはチェッカーが振られるまでになんとかコースに送り出そうと必死に交換作業を進める。彼らの大半は、今年から現場を担当することになった新顔ばかりだ。ただでさえ時間のかかるギアボックス交換に、昨年までと同じスムーズさでの作業は望むべくもない。

「結構デカいですね。重いガソリン(での走行)ができなかったんで、その状態が分かんないから、レースに向けては結構厳しいなっていう気がしますね……」

 さすがの可夢偉もTVカメラを前にしても声に張りがなく、消え入りそうな声でそう答えるのが精一杯だった。金曜午後を棒に振るというのは、そのくらい大きな損失を被る事態なのだ。

 チームメイトの状況を見ても、タイヤマネージメントで勝負を挑むことも難しそうだった。

「今のところ僕らは一番ひどいような感じなんで……(苦笑)。ちょっと……ヤバいですね」

 悪い流れは度ようになっても断ち切れず、可夢偉の表情も優れないままだった。

 チームクルーで満席のホスピタリティテントの中で、レーシングスーツ姿のままの可夢偉は、上半身だけをはだけてノーメックスのアンダーシャツを出し、小さな丼にレタスやトマトなど生野菜だけを盛って掻き込む。

「仕事なんやから、しょうがないでしょ」

 ダイニングとキッチンを仕切るパネルの裏に立って、可夢偉はあっという間に昼食を終えた。

 ガレージでは1時間後に迫った予選に向けて、さらなるセットアップの変更が進められていた。

 

「頑張れば頑張るほど、ダメになっていくんです」

 可夢偉は頭を抱えた。

 無難にQ2へ進み、最後のアタックに向けて新品のオプションタイヤを履くと、マシンは予想外の挙動を示した。

 高速コーナーが連続するセクター2ではフロントが入っていかず、曲がらない。

 低速からの立ち上がりが求められるセクター3では、アンダーステアが強く、強力な加速が得られない。

「バランスがあまりに悪すぎてクルマが滑りすぎて、タイヤが保たないっていう状態。予選に向けてやったことが、普通に考えれば良い方向に行くはずやのに悪い方向に行ったんで、それ以前のベースのところが問題やったんやろなと思うけど……」

 可夢偉のその予感は、当たっていた。

 予選後のチェックで、リアサスペンションにトラブルが見つかったのだ。

 最新のF1のサスペンションは、本来ならば全てが連動してしまうはずのダンパーの硬さ、車高調整、ピッチング(前後方向の傾き)制御、ローリング(左右方向の傾き)制御などを個別に調整することができるような構造になっている。その複雑な仕組みのうち、ローリング制御を司るアンチロールバーのシャフトの1本が破損していたのだ。

 裏を返せば、連動していないからこそ1箇所に破損があっても全てのサスペンション機能が失われずに、違和感を覚えながらも走行を続けることができた。

 しかし、今のC31が予選17位というポジションに甘んじるようなマシンでないことは可夢偉が一番よく知っている。だからこそ、やるせなさはつのった。

「まぁ、暑いからどうなるかなとは思ってたけど……本当はもうちょっと良いはずやったのに、悪くなってるから、なんとかしないといけないですね。クルマが良くて普通に上手くまとめてれば、Q3には行けてたと思うんですけどね……」

 チームメイトは金曜のあまりの悪さに、全く別のスタート地点から土曜日を開始してそれが大当たりしていた。

 しかし可夢偉にとっては、1週間前とは真逆の、不運続きの週末。

 セパンの空は、泣き出しそうで泣かない。

「あとは雨が降ってくれることを願うしかないですね。最後は雨頼み(笑)。さすがに今回は雨の方が楽でしょ」

 いつもならドライのレースで100%の実力発揮を望む可夢偉が、今回ばかりは弱気にならざるを得なかった。

 

MYS-05

 

 フォーメーションラップの開始15分前を知らせるシグナルがグリッドに鳴り響き、鮮やかなグリーンの髪留めで飾ったグリッドガールたちがサングラスを外し胸元に掛ける。

 それを合図にしたかのように、路面には雨粒が落ちてきた。

 恵みの雨——少なくともレースの序盤は、可夢偉にとってその通りになった。

 スタートの混乱に乗じて1周目で9位まで浮上すると、可夢偉は前のキミ・ライコネンを射程圏に捕え始めた。

 だが刻々と雨脚を強める雨の量は、すでにインターミディエイトの限界を超えている。各車が続々とピットへとなだれ込み、可夢偉も堪らずフルウエットタイヤを求めてピットレーンへとステアリングを切った。

「スタートは良かったんですけど、その後インターミディエイトからウエットに換えるのが遅すぎたと思います。コース上にクルマを留めるのが難しいくらいだったし、ピットインしてすぐに赤旗が出てしまったし。もちろんそういうのを予測することは不可能なので、どうしようもないですけどね」

 可夢偉とは好対照に、ペレスはギャンブルとも言える1周目のピットインが奏功して3位まで浮上した。

「最終セクターはひどい雨だ。運転は無理だよ!」

 どのドライバーも無線でそう呼びかけ、レースコントロールはセーフティカーの導入、そして赤旗の提示を決めた。

 インターミディエイトのままコース上に留まっていれば、ペレスの後方4位にはいたはずだった。赤旗中団の間にはどんな作業も許されるのだから、それまで待てば良かった。

 16番手まで落ちた可夢偉は、雨の中で間の悪さを悔いていた。

 50分間の中団を挟んで、レースは再開の時を迎えた。

 13周目、路面に多量の水が残る中で隊列を先導するセーフティカーがピットへと戻ると、何台かのマシンがすぐさまインターミディエイトへと交換するためピットへと後を追う。可夢偉の姿もその中にあり、数ラップ後にピットインした何台かのマシンをアンダーカットすることに成功した。

 だが、この頃から可夢偉のマシンはまたしても不調に襲われ始めた。今度はフロントのブレーキだ。

「とにかく前がなくなって……」

 マシンはコーナーの入口で目に見えて不安定な挙動を示し、可夢偉は為す術もなく続々と後続車に抜かれていく。

 最後はレースを諦め、47周目にマシンを頭からピットガレージへと入れた。

 コース上ではチームメイトが半乾きの路面で快走を見せ、勝利を奪い取ろうとしていた。チームの誰もがはやる気持ちを抑えながらテレビ画面に集中する中、可夢偉は着替えを済ませ、久々の2位表彰台獲得に沸くチェッカー後の喧噪から身を隠すように、日本への帰国便が待つクアラルンプール国際空港へと急いだ。

「今日は間違いなく勝てるチャンスがあった」

 ペレスの掛け値なしの言葉が、胸を締め付ける。

 そのポジションは、もしかすれば自分が立っていたかもしれない場所。自分がそこにいれば、彼よりももっと上手くやった自信はある。だからこそ、余計にやるせない。

 可夢偉の願いは届かず、レースは大荒れとなった。

 皮肉なことに、可夢偉がサーキットを後にする頃には美しい夕陽がサーキットのグランドスタンドをオレンジ色に照らしていた。

 やまない雨はない。

 雨に打たれどれだけずぶ濡れになったとしても、前を向いて立ち上がる強さがあれば、そこに昇った陽の光が乾かしてくれる。立ち上がる者にだけ、新しい未来はやってくる。

 可夢偉には、その強さがあるはずだ。

MYS-06 (text by Mineoki YONEYA / photo by Wri2, Sauber)

 

2012年3月27日発行

ITEM2012-0010 / FOLB-0007

 

 

Related Articles

コメントは利用できません。

Recent Post【最新の記事】

Calendar【日付で記事検索】

2020年7月
Mon Tue Wed Thu Fri Sat Sun
« Jun    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031