REPORT【報道】

 

 今週末のフランスGPにホンダが投入を決定したスペック3パワーユニットについて、田辺豊治テクニカルディレクターのQ&Aだけでは分からない詳細をここで解説しておこう。

 

ターボ改良に「ホンダジェット貢献」公表の理由

 まずスペック3ではICEとTCの両方が改良されているが、最大出力を向上させるカギであるICEの方はそれほど大きなタマが入っていない。そのため最大出力はそれほど大きく向上していないのが実状で、10kWにも満たないようだ。それでも10kWならポールリカールでいえば0.2〜0.25秒に相当するため、上位のタイトな争いの中では無意味な数字ではない。

 

こちらの記事は『F1LIFE』有料会員限定のコンテンツとなっています。
続きをご覧になるためには、プレミアム会員になって頂く必要があります。
会員登録の方法はこちら

※コース変更の場合は、旧コースの解除手続きを行なって下さい。
お客様の手で解除手続きを行なって頂かなければ継続課金は解除されませんのでご注意下さい。

会員登録する / ログインする(会員の方)

Related Articles

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (6)
    • w0fu1sg6
    • 2019年 6月 21日

    そっか、、
    F1とホンダジェットってマーケティング的にマッチするよなあ。。。
    ホンマかいな~

    • toukeidou
    • 2019年 6月 21日

    田辺さんのところに質問を書こうと手ぐすねを引いて待っていたら、その答えがココに書いてありますね。傾向を読まれたかな、なんつって(笑)。

    ホンダジェット関連は、前日にホンダジェットの藤野道格社長の記事(WEDGE5月号)がネットにアップされましたし、中国市場に進出の話がニュースになっていますので、いわゆる「広報」の仕事がされているなぁと感じていました。そのF1側からの内実については米家さんの仰る通りだと思います。

    ESやTCを改良して、いよいよMGU-Hかぁと勝手に思っていましたが、まあ、スペック4のときですかねぇ。MGU-Hだけ基数制限に達してませんしね。

    dublinerさんも書いておられましたが、カナダGPのガスリー車のオーバーヒートに絡んで、冷却系のアップデートは車体側、PU側の双方からあったのでしょうか。あるとすれば、あらかじめ想定されていたということで、頼もしいですけど。

    • tonsukesan2
    • 2019年 6月 21日

    レッドブルの車体アップデートに期待ですね。中低速レンジのタイム向上を是非とも実現してもらいたいモノです。

コメントするためには、 ログイン してください。

Recent Post【最新の記事】

Calendar【日付で記事検索】

2019年12月
Mon Tue Wed Thu Fri Sat Sun
« Nov    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031