REPORT【報道】

20140428_HONDA--00

 

 2015年にF1に戻ってくるホンダに対しては、ファンの間でも様々な期待と不安が入り混じっていることだろう。マクラーレン・ホンダとしてF1に復活し、果たしてどれだけのパフォーマンスを見せられるのか? またすぐに撤退という道をたどるのではないか?

 

 その背景には、今のホンダF1プロジェクトを取り巻く状況が見えてこず、パワーユニットの開発状況もマクラーレンとの関係も、何もかもが不明瞭で漠然としていることが理由にあるのではないだろうか。

 

 そんな中、FIAからの要請によって中国GPのFIA会見に出席することとなったF1プロジェクト責任者の新井康久氏(本田技術研究所・専務執行役員)にホンダF1プロジェクトの今を詳しく聞いた。

 

ーーパワーユニットの開発状況はいかがですか?

「一応、計画通り進んでいますけど、それが競争力がきちんと確保できているかどうかということについては、こうしてF1の現場に見に来るといろいろと考えるところはありますね」

 

ーーマクラーレンとの提携体制というのは?

「双方向で人が行き来していて、テレビ会議や電話などいろんなコミュニケーション方法でほぼ毎日のようにやりとりをしていますね。もちろん図面のやりとりもしています。残念ながらまだ“モノ”としては向こうに渡せているものはないんですが」

 

ーーベンチでテストをしているV6のICE(内燃機関エンジン)自体もまだ?

「まだですね。まだとてもそんなレベルじゃないので。それぞれのコンポーネントも個別に試しているところですし」

 

ーー図面レベルでのやりとり?

「図面上で、取り付けの座標点とか、およそこんなかたちになりますよといったようなサイズ感みたいなことはやりとりしていますけど、詳細なレイアウトはこれから詰めていかなければなりませんし」

 

ーー今後の予定は?

「(図面上のレイアウト決定を)夏の終わりぐらいまでに細かくまとめて、秋口ぐらいから詳細の詰めをやる、というところですね。例えばハーネスをどこに通すかといったようなところは最後に実物で詰めていくような感じになりますから。“モノ”として完成するのはもっと後です」

 

ーーいまテストしているのは、昨年の秋に火が入ったバージョン1の次にできたバージョン2のV6エンジンですか?

「はい。ようやくテストし始めていますが、まだエンジンだけという状態ですね。もちろん最初からターボは付けていますが、ターボにモーターを付けたMGU-Hなどはまた個別にテストを行なっている状態です」

 

ーーマクラーレンにモノとして渡すのはどの段階?

「今のバージョン2でちゃんとテストをして不具合を出し切って、もう1回か2回バージョンアップをやらないとダメですかね。まぁ、要素が多すぎますし、進捗状況がバラバラなので難しいですね」

 

20140428_HONDA-01

 

ーーその中でも手こずっているのは?

「電気系ですね、モーター系。新しい技術なので、レイアウト的にもそうですし、性能的にもどのレベルを達成しなければならないのかという過不足がよく分からなくて、大変です。攻めて作らないと戦えないでしょうしね。その、どのくらい攻めれば良いのかというのが手探りなんです」

 

ーーMGU-Kは既存の技術ではあると思うのですが、現行規定では違いますか?

「使っている時間や出力のレベルが違いますからね。既存の技術とはかなり違いますよ。ハイブリッドそのものは市販車での経験がありますし、エネルギーマネージメントってなんだという点には我々にも利があります。でもF1用のハードウェアに関しては出力も大きいし、MGU-Hという全く新しい技術もあります。レギュレーションで規定されている回転数だとかいうのも量産とは違いますし」

 

ーートラブルの原因となるのは、電気系の電磁波ですか?

「熱と電気系のノイズという問題でしょうね。IGBT(半導体デバイス)が高電流をスイッチングして発電したりモーターを回したりするわけですが、それは要するにノイズの塊なんです。普通のエンジンとは使っている電圧が違いすぎて、それを高周波で直流電流をスイッチングするので大変なんです。現状のパワーユニットのトラブルも、それが電気機器に悪さをしているんだと思います。確かに我々には量産の技術と知識がありますが、F1用のパワーユニットでは出力も回転数も全然違いますから、何が起きるかは分かりませんね。きっとどのメーカーも各コンポーネント単体では問題なかったはずなんです。でもパッケージングしてヘレスに来たら、問題が起きてしまったと。あんなにシャッター通りになっているのも珍しいですよね(苦笑)」

 

ーーマクラーレンも初日はエンジンをかけることさえできませんでしたよね。

「ハイブリッドでなければ、エンジンに火を入れること自体はできるはずなんです。詳しくは分かりませんが、想像するに、イグニッションをオンにするとシステムがチェックを始めるわけですよね。その途中でどこかに問題が見つかってハイブリッドが準備OKにならなくてエンジンを始動できない、というようなことなんだと思います。その問題がどこに起きているのか分からないと。ゴム手袋をして、恐る恐るチェックするという感じですね」

 

(text by 米家 峰起 / photo by Wri2)

 

Related Articles

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. コメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

Recent Post【最新の記事】

Calendar【日付で記事検索】

2022年7月
Mon Tue Wed Thu Fri Sat Sun
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031