REPORT【報道】

 

 1月11日に国内レース体制を発表したホンダの山本雅史モータースポーツ部長に、2019年のF1活動も含めた展望を聞いた。

 

 レッドブルと組むF1について、一部では「平成のうちに勝つ」という発言が報じられたが、これは言葉の行き違いが生んだもので、実際にはモナコGP優勝をターゲットに据えていると語った。

 

 しかしトップチームと組み、初めてF1のトップレベルで戦うために足りないものがあるということを自覚し、それを埋めるための努力をする。その上で開幕戦から優勝にこだわり、優勝を意識した戦いをすると述べた。

 

 また、FIA F3に名取鉄平が参戦することも正式発表され、海外挑戦組の中から全員にスーパーライセンス獲得のチャンスがあることについても語ってもらった。

 

ーー2019年のホンダのモータースポーツ体制が発表され、スーパーGTとスーパーフォーミュラのドライバーラインナップ、所属チームが随分ガラリと変わりましたね。

「そうですね、随分変えました。変えた後に自分もビックリしたくらいですけど(苦笑)、チャンピオンが(チームを)動くというのもやっぱり新たなチャレンジをしていかないと連覇も狙えないし、当然山本尚貴には連覇を狙わせたいんです。色々見てきて今のレースは総合力がないと戦えないくらい接戦になっているのが分かっていたので、(この大異動については)去年の夏くらいに決めていたんです。チャンピオンを獲ったとしてもその計画を変えるつもりはないし、チャンピオンを獲ったとしてもそれは2018年のチャンピオンであって、2019年にまた新たなスタートをするのにあたって前年度にチャンピオンを獲ったかどうかは関係ないから。そういう意味では今年は国内レースもF1も楽しくなる1年だと思っているんです」

 

ーー新車が導入されるタイミングに合わせてシャッフルということですか?

こちらの記事は『F1LIFE』有料会員限定のコンテンツとなっています。
続きをご覧になるためには、プレミアム会員になって頂く必要があります。
会員登録の方法はこちら

※コース変更の場合は、旧コースの解除手続きを行なって下さい。
お客様の手で解除手続きを行なって頂かなければ継続課金は解除されませんのでご注意下さい。

会員登録する / ログインする(会員の方)

Related Articles

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. コメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

Recent Post【最新の記事】

Calendar【日付で記事検索】

2019年3月
Mon Tue Wed Thu Fri Sat Sun
« Feb    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031