REPORT【報道】

 

 2018年後半戦の投入が予定されている“スペック3”が注目を集めるホンダだが、夏休み明けの高速連戦には投入しないことを決めた。開発方針を転換したことがその理由だ。

 

こちらの記事は『F1LIFE』有料会員限定のコンテンツとなっています。
続きをご覧になるためには、プレミアム会員になって頂く必要があります。
会員登録の方法はこちら

※コース変更の場合は、旧コースの解除手続きを行なって下さい。
お客様の手で解除手続きを行なって頂かなければ継続課金は解除されませんのでご注意下さい。

会員登録する / ログインする(会員の方)

Related Articles

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (2)
    • konidin
    • 2018年 8月 07日

    ノッキングがいつ起きるか分からないから常にフルパワーというわけではない、というのが何とも中途半端….
    一時、パワーサーキットで、ガスリーがパワーが出てない的微妙な言い方をしてたのは、コレかな…
    そのあとはまたホンダ礼讃に戻ったけど。
    トルク重視かピークパワー重視かで各回転域での点火タイミングを微調整していて、サーキットによって、PUがフルパワーを出せたり出せなかったり…かな…
    得手不得手がすごくはっきりする…
    シャシー特性とも相俟って…

    • MINEOKI YONEYA
      • MINEOKI YONEYA
      • 2018年 8月 10日

      そうです、ガスリーが言っていたのはこれのことだったみたいです。エネマネだけでなく、このあたりの制御が田辺さんがよく言う「使い方」の改善すべき点ということのようです。

コメントするためには、 ログイン してください。

Recent Post【最新の記事】

Calendar【日付で記事検索】

2018年8月
Mon Tue Wed Thu Fri Sat Sun
« Jul    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031