REGULAR【連載】

 

 セバスチャン・フェッテルはSNSを一切やりません。レーシングドライバーとしての自分はサーキットの中だけで、サーキットを出れば自分はただの1人の人間で、プライベートは一切オモテに出さないという方針を貫いているからです。家族との時間を大切にし、家族のためにもそれを他人と共有するつもりはない、というのが彼の考え方なのです。

 

 Twitterが流行し始めた2010年代前半は、まさにフェッテルがレッドブルで快進撃を遂げていた頃です。その頃に彼はSNSに対するアプローチについて、そんなふうに説明していました。

 

こちらの記事は『F1LIFE』有料会員限定のコンテンツとなっています。
続きをご覧になるためには、ベーシック会員・プレミアム会員になって頂く必要があります。
会員登録の方法はこちら

※コース変更の場合は、旧コースの解除手続きを行なって下さい。
お客様の手で解除手続きを行なって頂かなければ継続課金は解除されませんのでご注意下さい。

会員登録する / ログインする(会員の方)

Related Articles

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. コメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。