RACE【レース】

20140406-01

 バーレーンGP決勝は途中までマルシア勢を上回り、3回ストップ作戦のザウバー勢を2回ストップ作戦で迎え撃つ体制に入っていた小林可夢偉だったが、セーフティカー後は大きくペースを落とし15位で完走することとなった。

 

 決勝後の可夢偉は落胆の色を見せたが、それは大きな手応えを得たがゆえだ。

 

ーー今日はどんなレースでしたか?

「全体的に見ると上手く行かなかったレースでしたね。最後にセーフティカーが入ったことで戦略が全部狂って、残念な結果になってしまいましたね。それにプラス、マクラーレンが止まってくれたおかげでマルシアが13位で完走して、コンストラクターズランキングがまた11位に下がって振り出しに戻った感じです(苦笑)」

 

ーー最初から2ストップの予定だった?

「うん、それで行けてる予定やったんやけどね」

 

ーーあのまま行ってればザウバーと……。

「戦えてたくらいやったよね。序盤のペースは悪くなかったんですよ。全然問題なくて、ターゲット通りザウバーと戦えてて。マルシアは眼中に入ってなかったし。そういう意味では、作戦通り戦えてたんです」

 

ーーで、セーフティカーが明けてからペースが1分45秒台に沈み込んで……。あれはタイヤのせい?

「タイヤのタレもあったけど、燃費。1周分足りなかった。1周遅れでフィニッシュする予定で行ってたから(苦笑)。最初から56周分しか積んでなくて、セーフティカーが出(てラップダウンを挽回させられ)た瞬間に終わり、みたいな」

 

ーーそれでセーフティカー明けのレース終盤は極端な燃費走行をしていたんだ?

「直線の半分くらいアクセルを開けてるんやもん。もう戦えへんでしょ。あれがなければ最後ザウバーと戦えてたと思うんやけど。ロータスはちょっと速いですけどね。完全に戦略ミスですね。運も悪かったけど。しかもマクラーレンが突然止まるしね、はぁ〜、疲れたぁ……」

 

ーー気分的に疲れた?

「最後のスティントなんか、無言やったもん。『あ〜あぁ……』って感じで(苦笑)。レース中にあんな直線で半分もアクセルオフするなんて、ないですよ。ドMやで。まぁしょうがないし、運が悪いとしか言いようがないけどね」

 

20140406-02

 

ーー1周目にポジションを落としたのは?

「スタートは普通にいったんですけど、ターン8で目の前でマルドナドとかトロロッソが暴れてくれて、ちょうどその後ろにおったからグジャグジャってなって」

 

ーーそれでマルシアやチームメイトに前に行かれたんだ?

「いや、それは直線に入ったところでオーバーテイクボタンを使おうと思ったら、なんか知らんけどスイッチがおかしくてパワーオフになって、『ブルルルル〜』って失速して。それで抜かれたんです」

 

ーーノートラブルでレース週末を終えて、次に向けた手応えは?

「まぁザウバーとちゃんと戦えてるっていうのは良いニュースやし、今回のデータを元にセットアップの煮詰めもして、次はアップデートも来るし、期待しましょう!」

 

(text and photo by 米家 峰起)

 

 

Related Articles

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. コメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

Recent Post【最新の記事】

Calendar【日付で記事検索】

2020年4月
Mon Tue Wed Thu Fri Sat Sun
« Mar    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930