RACE【レース】

 

 メキシコGPの中団グループはルノー勢が中団トップを走り、ニコ・ヒュルケンベルグ(黄色・太線)が6位でフィニッシュした。もしカルロス・サインツ(黄色・細線)がマシントラブルでリタイアしていなければ、第1スティントでヒュルケンベルグの前を走りピットストップでもそのポジションをキープしており、サインツが6位、ヒュルケンベルグ7位という結果になっていたはずだ。

 

 しかしグラフ②を見れば分かるように、メキシコGPの中団グループのペースはトップ3と較べて格段に遅い。3強と中団グループの集団はいつも以上に大きく分かれ、タイム差が非常に大きくなった。

 

こちらの記事は『F1LIFE』有料会員限定のコンテンツとなっています。
続きをご覧になるためには、プレミアム会員になって頂く必要があります。
会員登録の方法はこちら

※コース変更の場合は、旧コースの解除手続きを行なって下さい。
お客様の手で解除手続きを行なって頂かなければ継続課金は解除されませんのでご注意下さい。

会員登録する / ログインする(会員の方)

Related Articles

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. コメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

Calendar【日付で記事検索】

2019年3月
Mon Tue Wed Thu Fri Sat Sun
« Feb    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031