RACE【レース】

 

 新人シャルル・ルクレールがアゼルバイジャンGPで6位入賞というザウバーにとっては大金星とも言える好成績を挙げた。上位でレッドブル2台とロマン・グロージャンが自滅したからこその好結果だが、それがなくても実力で9位入賞はできていたことになる。このザウバーの速さを解き明かしていこう。

 

 そもそも今年のザウバーC37はターンイン時のリアの不安定さに苦しんできた。開幕前テストからドライバーたちが何度もスピンを喫しているのはそのためだ。特殊なフロントノーズの空力コンセプトと攻めすぎたサイドポッドの空力パッケージを上手く制御し切れておらず、リアエンドに抜ける空気流量が不安定になりやすく、コーナリング時にマシンに当たる気流の角度がリニアに変わっていく際のダウンフォース発生量変化が過敏だからだ。

こちらの記事は『F1LIFE』有料会員限定のコンテンツとなっています。
続きをご覧になるためには、ベーシック会員・プレミアム会員になって頂く必要があります。
会員登録の方法はこちら

※コース変更の場合は、旧コースの解除手続きを行なって下さい。
お客様の手で解除手続きを行なって頂かなければ継続課金は解除されませんのでご注意下さい。

会員登録する / ログインする(会員の方)

Related Articles

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. コメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

Recent Post【最新の記事】

Calendar【日付で記事検索】

2021年12月
Mon Tue Wed Thu Fri Sat Sun
« Nov    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031