RACE【レース】

 

 FIA F2の第2ラウンド、アゼルバイジャンではレース1でDAMSのアレックス・アルボン、レース2ではARTのジョージ・ラッセルが優勝した。F1と同じように大荒れの展開となったが、レースを分析すると本当に速かったのはART、そしてプレマだった。

 

 日本人ドライバー牧野任祐と福住仁嶺が所属するロシアンタイムとアーデンはチームメイトも含めて目立った結果を残すことができなかったが、彼らの実力はどうだったのか?

 

こちらの記事は『F1LIFE』有料会員限定のコンテンツとなっています。
続きをご覧になるためには、プレミアム会員になって頂く必要があります。
会員登録の方法はこちら

※コース変更の場合は、旧コースの解除手続きを行なって下さい。
お客様の手で解除手続きを行なって頂かなければ継続課金は解除されませんのでご注意下さい。

会員登録する / ログインする(会員の方)

Related Articles

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (2)
    • zmgn7
    • 2018年 5月 05日

    F2まで徹底分析…日本語でこの情報とこの解説が読めるのはここだけではないですか???とても有り難いとともに、米家さんのエネルギーに感服します…

    • MINEOKI YONEYA
      • MINEOKI YONEYA
      • 2018年 5月 09日

      確かに、ここまでのF2の詳細データっておそらく他では見ることができないかも。
      全ラップタイムとか、特殊なルートじゃないと手に入らないですからね(苦笑)。

コメントするためには、 ログイン してください。