RACE【レース】

WIL-MH-01

 

 テストでは設営に時間の掛かる本番用のモーターホームは持ち込まずテント式のホスピタリティを使用するチームが多いものですが(通常仕様を持ち込むのはルノーとハース、ピレリのみ)、今年のウイリアムズはやや豪華な“半二階建て”モーターホームを持ち込んできました。

 

 マルティニとのスポンサー契約解消が報じられたウイリアムズですが、そもそもマルティニとの契約額はそれほど大きなものではなく、成績に応じて額が変動する“出来高払い”だったと言われています。チームが慢性的な財政難に直面しているのは周知の事実で、2人ともスポンサー持ち込みありのドライバーに頼らなければならなかったのもそのため。

 

 そんな状況だからこそ、新たなスポンサー候補をテストに招き彼らを惹きつけるためにこのようなきちんとしたホスピタリティユニットが必要だったというわけです。

 

こちらの記事は『F1LIFE』有料会員限定のコンテンツとなっています。
続きをご覧になるためには、ベーシック会員・プレミアム会員になって頂く必要があります。
会員登録の方法はこちら

※コース変更の場合は、旧コースの解除手続きを行なって下さい。
お客様の手で解除手続きを行なって頂かなければ継続課金は解除されませんのでご注意下さい。

会員登録する / ログインする(会員の方)

Related Articles

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. コメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

Recent Post【最新の記事】

Calendar【日付で記事検索】

2018年7月
Mon Tue Wed Thu Fri Sat Sun
« Jun    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031