RACE【レース】

20160506-00

 

 第4戦ロシアGPはまたしてもニコ・ロズベルグの独走勝利に終わりました。ルイス・ハミルトンは10番グリッドから追い上げて2位まで挽回したものの、マシントラブルによりペース低下を余儀なくされました。

 

 フェラーリはセバスチャン・フェッテルが0周リタイアを強いられ、キミ・ライコネンが3位表彰台を獲得したもののペースはメルセデスAMGに遠く及ばず。追いすがるウイリアムズ勢との差、そしてダブル入賞を果たしたマクラーレン・ホンダ勢、今季初入賞のルノーのペースはどうだったのでしょうか?

 

 決勝の全車全ラップタイムを分析してみましょう。

 

 20160506-01

 

 下地の色は赤がスーパーソフト、黄がソフト、グレーがミディアムを表わしています。タイムの赤字はピットストップ、青字は自己ベストタイムを表わしています。

  

こちらの記事は『F1LIFE』有料会員限定のコンテンツとなっています。
続きをご覧になるためには、ベーシック会員・プレミアム会員になって頂く必要があります。
会員登録の方法はこちら

※コース変更の場合は、旧コースの解除手続きを行なって下さい。
お客様の手で解除手続きを行なって頂かなければ継続課金は解除されませんのでご注意下さい。

会員登録する / ログインする(会員の方)

Related Articles

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. コメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。