RACE【レース】

20141108-12

 

 金曜から低調なように見えたセバスチャン・フェッテルだが、予選ではメルセデスAMGパワーユニット勢以外の最上位となる6位を獲得してみせた。今週はこれまでに苦しんできたリアの不安定さを打ち消すことができ、気持ち良く攻めて走ることができているのだという。

 

ーー予選6位という結果になりましたが、今の気分は?

「クルマの仕上がりには満足だよ。いつもはオーバーステアに苦しんでいるけど、今週はアンダーステア傾向のマシンでリアが安定していてフロントをアグレッシブに攻めて走れているし、リアの不安定さに苦しめられることがなかった。今日はマシンを上手く仕上げることができたし、6〜7位というのが今日の僕らにできた最大限の結果だったと思うよ」

 

ーー今週はウイリアムズ勢との差が大きい?

「ただウイリアムズ勢が速すぎただけだよ。彼らは金曜日にあまり速くないのに土曜日には一気に速くなるというのが今年何度もあっただろう? おそらく彼らは金曜に他とは違う燃料搭載量で走っているか、パワーユニットを(別モードで)セーブして走っていたりして金曜日を少し犠牲にしているんだろう。土曜日になって彼らが速くなるのは何度も見てきたし、今日はメルセデスAMGにかなり接近していたくらいだしね、速すぎだよ」

 

ーーマクラーレンやフェラーリとの戦いは?

「ジェンソン(・バトン)とはかなりタイム差が接近していたし、決勝で逆転することは充分に可能だと思っているよ。上位4台は速すぎるけど、マクラーレンやフェラーリとは戦えると思う。今日は雨が降るかと思ったけど降らなくて、まぁそれがインテルラゴスというものだけど、明日は天候も不安定でエキサイティングなレースになりそうだね。それが僕らにとってトップ4台に近付く手助けになれば良いけどね。ドライでもここはデグラデーションが大きくて何が起きるか分からないと思う。そう考えると良い位置からレースができると思うよ」

 

ーーチャージモードに問題を抱えているという無線のやりとりがありましたが?

「いや、別に問題はなかったよ。どこまで放送されていたのか知らないけど、走っている間にいろいろとスイッチを変更することは良くあることだし、無線ではかなりたくさん喋っているからね(苦笑)」

 

20141108-13

 

ーーFP-3で11位と出遅れていましたが、予選に向けて何か変えたのですか?

「FP-3ではパワーユニットにトラブルを抱えていて、ストレートでパフォーマンスを大きくロスしていたんだ。今年何度も起きてきたことだ。例えばパワーユニットの作動が少し正常でないだけで0.2秒違ったりするんだ。予選までには解決できたけどね」

 

ーー直線の長いインテルラゴスではルノーのパワーユニットはメルセデスAMGに歯が立たない?

「これまでの僕らはストレートを犠牲にしてもインフィールドのコーナーが速かったし、実際のところストレートでもそれほど遅いわけではなかった。でも今年はパワー面で後れを取っているから、どれだけ低速コーナーがあるか、どれだけストレートがあるかで僕らがどれだけコンペティティブか決まってくるわけだけど、ここはセクター1と3に長いストレートがあるから、どうしようもないね……」

 

(text by 米家 峰起 / photo by Red Bull)

 

 

Related Articles

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. コメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

Calendar【日付で記事検索】

2020年2月
Mon Tue Wed Thu Fri Sat Sun
« Jan    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272829