REPORT【報道】

 

 今週末スーパーフォーミュラが開催中のツインリンクもてぎをレッドブルのヘルムート・マルコが訪れ、注目を集めている。その背景には、レッドブルとホンダの関係緊密化がある。

 

 目下、レッドブルとホンダは2019年からのパワーユニット供給に向けた契約の最終調整段階にある。6月の発表時点では契約に向けた基本合意である覚書を交わしたに過ぎず、正式な契約までには技術面、マーケティング面、財務面に渡って詳細な項目を詰めていかなければならなかったからだ。そういった事項が比較的少ないトロロッソの場合は短期間でスムーズに調整が進み正式契約に至ったが、レッドブル・レーシングはマーケティング面の制約なども多く、調整には時間が掛かる。

 

 そういった中で、レッドブル本社のアドバイザーでありレッドブルのモータースポーツ活動全般を統括ヘルムート・マルコが来日しホンダ本社やHRD Sakuraを訪れるのは自然なことだ。今回は近隣のツインリンクもてぎでスーパーフォーミュラが開催されており、その機会に合わせて視察に訪れたというわけだ。

 

 マルコが視察したかったのは2つ。

 

こちらの記事は『F1LIFE』有料会員限定のコンテンツとなっています。
続きをご覧になるためには、プレミアム会員になって頂く必要があります。
会員登録の方法はこちら

※コース変更の場合は、旧コースの解除手続きを行なって下さい。
お客様の手で解除手続きを行なって頂かなければ継続課金は解除されませんのでご注意下さい。

会員登録する / ログインする(会員の方)

Related Articles

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. コメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

Recent Post【最新の記事】

Calendar【日付で記事検索】

2018年11月
Mon Tue Wed Thu Fri Sat Sun
« Oct    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930