REPORT【報道】

 

 4月28日、ホンダとレッドブルが2019年のパワーユニット供給に向けて話し合いを行なった。レッドブルのヘルムート・マルコからアポイントメントを求める問い合わせがあり、アゼルバイジャンGP開催中のパドックでホンダの山本雅史モータースポーツ部長と会談が持たれた。

 

 ホンダとしてもレッドブルとしても2019年の提携に前向きだが、約30分間にわたる話し合いを終えた山本MS部長は次のように語った。

 

ーー今日レッドブルのヘルムート・マルコと2019年のパワーユニット供給に関する話し合いをしたとのことですが。

「今回初めて膝を突き合わせてお互いに『どんな条件でできそうなの?』という話をしました。それだけです。『ホンダはレッドブルに対してパワーユニットを供給する気があるのか? ないのか?』というところからです。あとは条件がホンダはこう考えている、レッドブルはこう考えている、というようなことで、正直なところまだ具体的な話まではしていないんです」

 

ーー『供給する気があるのか?』という問いに対するホンダとしての答えは?

こちらの記事は『F1LIFE』有料会員限定のコンテンツとなっています。
続きをご覧になるためには、プレミアム会員になって頂く必要があります。
会員登録の方法はこちら

※コース変更の場合は、旧コースの解除手続きを行なって下さい。
お客様の手で解除手続きを行なって頂かなければ継続課金は解除されませんのでご注意下さい。

会員登録する / ログインする(会員の方)

Related Articles

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. コメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。