REPORT【報道】

20140321-02

 

 上の写真を見て、異変に気付いた方はとても鋭い方です。今年から一部チームのタイヤウォーマーに、タイヤと同じピレリのマーキングが入ったんです。黒のウォーマーに黄色のマーキングですから、目立って結構格好良いです。

 

 実はこれ、お金がらみの案件。元々各チームのマシンにはピレリのロゴが貼られていますが、これはピレリがチームにお金を払ってスポンサーとして貼っているんです。チーム側からしてみれば、宣伝効果を得るためだから当然でしょ?ということ。

 

 しかし問題なのは、このロゴを貼るためにピレリが支払う料金というのがチームによって異なるということ。簡単に言えば、フェラーリのようなトップチームは高いし、ケータハムのような下位チームは安いということです。他のスポンサーが払っている料金だってチームによって差があるわけですから、当然と言えば当然なんですが、チーム側にとっては不満もありますよね。「同じロゴを貼ってるのに、なんでウチはこんなに安いんだ?」と。

 

 そこでピレリが提案したのが、このタイヤウォーマーへのロゴ掲示だったんです。

 

 ピレリとしてはやはりタイヤについているロゴを露出させたい。だけど走っていない時はタイヤウォーマーにくるまれていてロゴが見えない。だったらウォーマーにタイヤ同様のロゴを貼ってくれませんか? そしたら追加でスポンサー料金をお支払いできますよ? というわけ。

 

20140321-03

 

 今のところはケータハムなど一部の下位チームだけですが、今後このオファーを受け入れるチームも増えていくかもしれません。なかなかデザイン性も良いし、ピレリらしいやり方ですよね。こうしてラックに積まれている時もロゴが見えます。

 

 そもそも今年のピレリはスペインGPとハンガリーGPのタイトルスポンサーを務めるなど、F1における露出を増大。昨年度のトラブルや批判によって醸成されたピレリに対するネガティブなイメージを意識して各国のメディアがピレリについてどのように報じているかをリサーチするなど、マーケティング面での注力を高めています。

 

 F1でのタイヤウォーマーは今シーズン限りで廃止となる予定ですが、ピレリは今後も面白いマーケティング方法を編み出してくるかもしれません。

 

(text and photo by 米家 峰起)

 

 

Related Articles

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. コメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

Recent Post【最新の記事】

Calendar【日付で記事検索】

2020年5月
Mon Tue Wed Thu Fri Sat Sun
« Apr    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031