REPORT【報道】

20180113-04

 

 ホンダはF1の開発総責任者にHRD Sakuraの浅木泰昭執行役員が就任し、どのように変わっていくのか? パワーユニットの開発とトロロッソとの提携の進行状況は? FIA F2とスーパーフォーミュラにダブル参戦する福住仁嶺は、3戦のバッティングに関してはFIA F2を優先するという。山本雅史モータースポーツ部長に2018年に向けて語ってもらった。

 

ーースーパーフォーミュラの体制発表も行なわれ、福住仁嶺がFIA F2と併せてスーパーフォーミュラにも参戦することが正式発表されました。

「ベースはやはりFIA F2をメインにしてもらおうと思っています。バッティングしている(福住が欠場する)3戦での15号車の代役は、候補者はいるけどまだ絞り込めていない状況です。レッドブルカラーだから乗せるのが難しいんですよ、本当に(苦笑)。3戦だけ色を変えることも考えてはいるけど、僕はできればあのカラーリングのままシーズン通して走らせたいと思っているし、レッドブルからも『好きにしていい』って言われてるんだけど、あのカラーで後ろの方を走られてもこまるじゃないですか(笑)」

 

ーーニコ・カリなど次の世代のレッドブル育成ドライバーも候補ですか?

こちらの記事は『F1LIFE』有料会員限定のコンテンツとなっています。
続きをご覧になるためには、プレミアム会員になって頂く必要があります。
会員登録の方法はこちら

※コース変更の場合は、旧コースの解除手続きを行なって下さい。
お客様の手で解除手続きを行なって頂かなければ継続課金は解除されませんのでご注意下さい。

会員登録する / ログインする(会員の方)

Related Articles

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (3)
    • cozystylejp
    • 2018年 1月 15日

    マクラーレンを例えにしか使わないホンダと、未だにホンダに対してゴチャゴチャ言い続けているように感じますね。未来へ歩み出したホンダが、マクラーレン・ルノーや彼らを警戒するライバルをアッと言わせる活躍に期待したいものです!
    1つ心配なのは、ホンダが現行PUの開発だけでも苦戦している中、メルセデスやフェラーリはブーブー文句を言いながらも次期レギュレーションに合わせた基礎研究を始めているのではないかということです。その辺り、また取材していただけると嬉しいですね!今年も宜しくお願いします!

    • MINEOKI YONEYA
      • MINEOKI YONEYA
      • 2018年 2月 05日

      相変わらずメディアを使ったマクラーレンのやり口には辟易とさせられますね。ホンダ側も随分トラウマになっているようです。

      次期レギュレーションについてはまさにその通りです。ホンダももちろんやってはいるでしょうが、レギュレーション策定に対していかに自分立ちに有利な方向に持っていくかという政治力も重要ですしその戦いはすでに始まっているのですから、そこもきちんと戦って貰いたいものです。

    • cozystylejp
    • 2018年 1月 17日

    未だにホンダに対してゴチャゴチャ言い続けている〜の後が消えちゃってました(滝汗)
    未だにホンダに対してゴチャゴチャ言い続けているマクラーレンで、早くも将来性に差が出ているように感じますね。でした!

コメントするためには、 ログイン してください。

Recent Post【最新の記事】

Calendar【日付で記事検索】

2018年8月
Mon Tue Wed Thu Fri Sat Sun
« Jul    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031