REPORT【報道】

 

 2016年シーズンの開幕を前に、F1の世界に入ってきたいろいろと新しい要素がありますが、「これ、どう読むの?」というものもなきにしもあらず。そんな新しい単語がF1のパドックでどう呼ばれているのか、正しい読み方をお教えします。

 

 

新人「Wehrlein」はなんて読む?

20160312-01 

 まず、最も難読単語なのが、新人ドライバー「Pascal Wehrlein」選手の名前。

 

 メルセデス・ベンツの秘蔵っ子の彼は、ドイツ出身ながらドイツとモーリシャス(インド洋に浮かぶ島国)の二重国籍を持つドライバー。しかしWehrleinという名字はドイツ語です。

 

 ドイツ語の発音だと、Wは「ヴ」、Hは「ハー」、eiは「アイ」という発音になるので、Wehrleinは「ヴェハライン」というのが最も正確な表記だと言えます(あまりにイメージと違ってしまうので、F1LIFEでは便宜上「ヴェアライン」と表記していますが)。

 

こちらの記事は『F1LIFE』有料会員限定のコンテンツとなっています。
続きをご覧になるためには、ベーシック会員・プレミアム会員になって頂く必要があります。
会員登録の方法はこちら

※コース変更の場合は、旧コースの解除手続きを行なって下さい。
お客様の手で解除手続きを行なって頂かなければ継続課金は解除されませんのでご注意下さい。

会員登録する / ログインする(会員の方)

Related Articles

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. コメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

Recent Post【最新の記事】

Calendar【日付で記事検索】

2020年6月
Mon Tue Wed Thu Fri Sat Sun
« May    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930