REGULAR【連載】

TRACK-TEMP-01

 

 サーキットでたびたび見かけるのがこのシーン。フォースインディアの松崎淳エンジニアが地面に向かってズッキュン。はい、もちろん握手会に来たファンの人に神対応しているわけではなく、路面温度を赤外線温度センサーで測定しているんですね。

 

 タイヤを上手く使いこなす上で、路面温度というのは非常に重要な要素です。そして路面温度はFIAが契約しているメテオフランス測定のデータがリアルタイムでタイミングモニターに表示されていますが、できるエンジニアはこんな数値は信用していません。

 

 路面温度は日なたと日陰で全然違いますし、風があるのとないのでも違います。測定している場所がどんなコンディションなのか、それが実際にマシンが走行する場所の大半のコンディションと違っていればFIA提供の数値は意味がないということになってしまいます。

 

こちらの記事は『F1LIFE』有料会員限定のコンテンツとなっています。
続きをご覧になるためには、プレミアム会員になって頂く必要があります。
会員登録の方法はこちら

※コース変更の場合は、旧コースの解除手続きを行なって下さい。
お客様の手で解除手続きを行なって頂かなければ継続課金は解除されませんのでご注意下さい。

会員登録する / ログインする(会員の方)

Related Articles

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. コメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

Recent Post【最新の記事】

Calendar【日付で記事検索】

2018年7月
Mon Tue Wed Thu Fri Sat Sun
« Jun    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031