REGULAR【連載】

20140304-01

 

 今、バーレーン合同テストの取材を終えて日本へ戻る途中でこの原稿を書いています……って、これどっかの誰かみたいな書き方でヤだな(苦笑)。

 

 正直、行く前はどうしようか少し迷いました。迷ったというか、「バーレーンに2週間もいたくないな」っていう気持ちが強かったというか(苦笑)。そのくらい気が重い国だし、14泊もするわけですから滞在費もバカになりませんし。

 

 でも、今年は日本人ドライバーもいることだし、『F1LIFE』のような試みをやりたかったので、開幕前のテストは全てカバーすることにしました。

 

 結果的に、3回とも行って本当に良かったなと思っています。

 

 自分の自己満足かもしれませんが、もし僕が行かなかったら小林可夢偉というドライバーの1年ぶりのF1復帰に向けたこの日々を目撃した日本人はいなかったわけで(チーム関係者除く)、そりゃあ放っておいてもプレスリリースや外国人ジャーナリストが取材した記事は出回るでしょうけど、日本人が日本人の目で見て、日本人の思い入れを持ってフォローして、そして日本語で喋った小林可夢偉の言葉を届ける、ということが一切なかったわけです。

 

 そんな差は大したことない、英語の翻訳記事で充分、という人もいらっしゃるでしょうし、実際に「開幕戦が楽しみ」というコメントを読んで幸せな気分になっている方もいらっしゃるようです。

 

 でも、僕はそんなプレスリリースにとりあえず記載しておくような決まり文句には“感情”とか“温もり”が感じられないし、実際そこには彼が日本語で話す時の素で語るニュアンスがない。彼ほど英語と日本語で話す内容が違う人も珍しいんです。

 

 それに、コバヤシ選手は最終日には106周を走りましたが、その全ラップタイムを記録して、どのタイヤを使ったか、チームはどんな様子だったかをフォローした外国人ジャーナリストなんていないわけです。彼らにとってケータハムは、僕らにとってのマルシアやトロロッソくらいの“二の次”“さんの次”くらいのものですから、当然ですよね。だから、情報量としても僕みたいに(走行担当日には)コバヤシ選手中心で取材をした人間としては大きな差がある。この大切な時に、そんな外国人ジャーナリストのある種“片手間”な取材で書かれた記事だけで良いんですか?って思ってしまったんですよね。

 

 日本人F1ドライバーの復活という、日本のファンの人たちがとても楽しみにしているこんなに重要な局面なのに、もし自分がバーレーンに行かなかったらそういうものを伝える報道が存在し得なかったのだと気付いたら、本当に行って良かったなと思ったんです。

 

 実を言うと、最終日のテストが終わった後にミーティングの合間に話を聞かせてもらっていて、世の中の人たちがケータハムの状況に対して悲観的になっているのではないかと問い掛けていると、彼は僕がチームを責めていると思ったのか、少し不機嫌になって「僕らは頑張ってやってるのに、なんでそんなこと聞くんですか!?」って言ったんです。でも、そこからさらに一歩深い話しができた。昨日公開したQ&Aにはそんな苦労もあったわけですが(苦笑)、海外の翻訳記事じゃそこまで突っ込んだ内容はないわけですよね。

 

 本当はその“違い”をファンの人たち全員に気付いてもらいたいんですが、きっとそれは難しいでしょう。今はとにかく、その違いが分かる人にだけ楽しんで頂ければいいのかな、と思っています。

 

(text and photo by 米家 峰起)

 

 

Related Articles

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (8)
    • mitsunishira
    • 2014年 3月 04日

    おかげさまで、本当に一緒にバーレーンにいるような感覚で各種レポートを楽しむことが出来ました。
    これからも、期待してます!!

    • youchann7
    • 2014年 3月 04日

    2週間お疲れさまでした。
    「どうなるかみてみよう」が決まり文句の外国記事の翻訳に飽き飽きしている中、
    ここでの米家さんの記事はとても貴重だと思っています。

    これからも米家さんだからこそ書けるレポートを期待しています。

    • masayoriA
    • 2014年 3月 04日

    本当に楽しい記事だと思います。今までテストで何をやっているのかは、わかりませんでした。もっとみんな一様に深刻な表情で取り組んでいるものと思っていましたが(そういうチーム、メーカーも多かったようですが)、それだけじゃないことがわかりました。
    それから、ドライバーの生の声、テストが終った直後の一言、これはたまりませんね。切り取った一部じゃなくて、生でドーンとくる感じがいいと思います。
    シーズンが始まってからレポート、期待しています!!!

  1. senju1027
    • senju1027
    • 2014年 3月 04日

    個人的には、ぬくもりが感じられる記事を読んだことはめったにありませんでした。
    でも、米家さんのものは、ドライバーやスタッフの言葉の端々から漏れてくるいろんな思いがいたるところで垣間見られる記事になっていると思います。

    全ての関係者は、今できることを足掛かりに未来をつかもうとしているのですね。悲観的なまなざしを向ける必要はないことが分かって、来週に迫った開幕が非常に楽しみです。

    • sonicboomsw20
    • 2014年 3月 04日

    現地からの貴重なレポートをいつも楽しみにしております。

    プレスリリース見るとF1ドライバーは優等生ばかりだと思ってましたw

    チームやドライバーの意外なところも見れるし、シーズンが開幕してからのレポートも楽しみです♪がんばってください!

    • babashi
    • 2014年 3月 04日

    私も現地に行っているような気分になれて楽しかったです。
    仕事中 10分おきに覗きに来てました。
    テスト中の質問への回答ありがとうございました。
    これからもリアルタイムのレポートを期待しています。頑張ってください。

  2. bule
    • bule
    • 2014年 3月 04日

    毎日、毎時、毎分と記事のアップデートを何時も楽しみにしています!
    会員?になってよかったです♪
    カムイの開幕戦が楽しみでなりません!!!

    時間で生活するのは大変だと思いますが、これからも。お体に気を付けて頑張ってください。

  3. MINEOKI YONEYA
    • MINEOKI YONEYA
    • 2014年 3月 05日

    みなさん、ありがとうございます。オーストラリアGPではもっとパワーアップしてお届けしますよ!

コメントするためには、 ログイン してください。

Recent Post【最新の記事】

Calendar【日付で記事検索】

2021年4月
Mon Tue Wed Thu Fri Sat Sun
« Mar    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930