RACE【レース】

 

ーー2戦連続の表彰台獲得となりました。

「そうだね、タイヤをセーブする戦略が上手くいったと思う。上位勢に離されずについていくことが重要だったんだけど、最初の5〜10周は風の影響でマシンがとてもドライブしづらい状態だったんだ。今日の僕らは薄いリアウイングを装着していたから、その影響で彼らについていくのはかなり厳しかった。でも途中から風が収まったのと路面が改善したからだと思うけど、リズムを掴むことができてきたんだ。第1スティントをかなり長く伸ばすことにして、それが最後に功を奏したね。タイヤのデグラデーションは予想よりもかなり大きかったけど、戦略も素晴らしかったし僕らはとても良いレースができたと思う」

 

ーー路面グリップはかなり低かったのでしょうか?

こちらの記事は『F1LIFE』有料会員限定のコンテンツとなっています。
続きをご覧になるためには、ベーシック会員・プレミアム会員になって頂く必要があります。
会員登録の方法はこちら

※コース変更の場合は、旧コースの解除手続きを行なって下さい。
お客様の手で解除手続きを行なって頂かなければ継続課金は解除されませんのでご注意下さい。

会員登録する / ログインする(会員の方)

Related Articles

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (2)
    • unicorn712
    • 2021年 6月 21日

    ペレスのお咎めなしは、開幕戦のオコンと同じパターンですね。バーレーンのターン4だったと思います。メルセデスはそのせいで、もしペナルティーが出たら3位に返り咲けるから、ファステストじゃなくて5秒以内でゴールするのを優先させた感じでしょうか。あの審議がなければファステストアタックしてたと思います。結局、5秒圏内からもはじき出されて、ボッタスは相当不満だったでしょうね。ウォルフの眉間のしわもすごかったですが。

    • MINEOKI YONEYA
      • MINEOKI YONEYA
      • 2021年 6月 22日

      OCOは追い抜き前でしたが、オーバーテイクのアクション自体に影響はなかったということでは同じですね。審議対象になったことでBOTのプランFも阻止したので、さらにVERに1ポイントをもたらしてPERはメチャメチャ良い仕事をしましたね。本人はオーバーステアなクルマに対処できなくて早々に上位争いから離脱してしまったので不満顔でしたが。。。

コメントするためには、 ログイン してください。

Recent Post【最新の記事】

Calendar【日付で記事検索】

2022年1月
Mon Tue Wed Thu Fri Sat Sun
« Dec    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31