2021

 

ーーアゼルバイジャンGP初日はトップ10にホンダ勢4台が入りました。

「昨日までかなり風が強くて土埃や紙くずみたいなものもたくさん舞っていましたが、さすがに紙くずは清掃されていましたが土埃は残っていてF2が走ったレーシングライン以外を走るとかなり土埃が舞い上がるような状態でのFP1開始でした。ダスティでスリッパリーな路面が徐々に改善していくような中で、90度コーナーと中速コーナー、長い全開区間というサーキットなのでブレーキングで止まりきれずランオフエリアに出て行くクルマも多く、ローカルイエローが出て『行くぞ』というタイミングで引っかかるクルマも多かったように見えました。それでもホンダ勢は4台ともにそれなりのタイムを刻んで1-2-5-10というポジションで終えることができました」

 

ーートラブルは無かったのでしょうか?

こちらの記事は『F1LIFE』有料会員限定のコンテンツとなっています。
続きをご覧になるためには、ベーシック会員・プレミアム会員になって頂く必要があります。
会員登録の方法はこちら

※コース変更の場合は、旧コースの解除手続きを行なって下さい。
お客様の手で解除手続きを行なって頂かなければ継続課金は解除されませんのでご注意下さい。

会員登録する / ログインする(会員の方)

Related Articles

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. コメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。