RACE【レース】

 

 第6戦アゼルバイジャンGPの金曜フリー走行では、各チームともコンクリートウォールの餌食にならないように周回を重ねながらドライビングとセットアップの煮詰めを進めていった。

 

 レッドブル勢が1-2を飾り、3-4にはフェラーリ勢が続き、メルセデスAMG勢は原因不明のグリップ不足に苦しみ低迷した。

 

 FP2の計25のミニセクターごとの最速をまとめたのがこちら。

 

こちらの記事は『F1LIFE』有料会員限定のコンテンツとなっています。
続きをご覧になるためには、プレミアム会員になって頂く必要があります。
会員登録の方法はこちら

※コース変更の場合は、旧コースの解除手続きを行なって下さい。
お客様の手で解除手続きを行なって頂かなければ継続課金は解除されませんのでご注意下さい。

会員登録する / ログインする(会員の方)

Related Articles

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. コメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

Recent Post【最新の記事】

Calendar【日付で記事検索】

2022年1月
Mon Tue Wed Thu Fri Sat Sun
« Dec    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31