1. HOME
  2. RACE【レース】
  3. 2021
  4. 【2021 Rd.6 AZE】徹底分析①:フェルスタッペンとペレスの差はどこに? マクラーレンが角田に苦言を呈した理由【決勝ペース】
2021

【2021 Rd.6 AZE】徹底分析①:フェルスタッペンとペレスの差はどこに? マクラーレンが角田に苦言を呈した理由【決勝ペース】

2021

 

 2021年第6戦アゼルバイジャンGP決勝は、ポールポジションのシャルル・ルクレールを2番グリッドのルイス・ハミルトンと3番グリッドのマックス・フェルスタッペン次々とパス。ピットストップでフェルスタッペンが首位に浮上し、ペレスもハミルトンの前2位を確保。

 

 レッドブルがそのまま1-2フィニッシュを果たすかと思われたが、46周目にフェルスタッペンが左リアタイヤのバーストに見舞われてリタイア。赤旗中断を挟んで残り2周の超スプリントレースで、ハミルトンはブレーキバランスの操作ミスによりターン1でロックアップして最下位へ。ペレスが首位を守りきってレッドブル加入後初の表彰台を優勝で飾った。

 

 そんなアゼルバイジャンGP決勝の全ドライバーのレースペースを比較することで分析していこう。

 

 全ドライバーの全ラップタイムをグラフ化すると以下のようになる。参考値として2019年第4戦アゼルバイジャンGPの優勝者バルテリ・ボッタス(紫色)のタイムも併記しておく。

 

こちらの記事は『F1LIFE』有料会員限定のコンテンツとなっています。
続きをご覧になるためには、ベーシック会員・プレミアム会員になって頂く必要があります。
会員登録の方法はこちら

※コース変更の場合は、旧コースの解除手続きを行なって下さい。
お客様の手で解除手続きを行なって頂かなければ継続課金は解除されませんのでご注意下さい。

会員登録する / ログインする(会員の方)

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。