2021

 

 2021年第9戦オーストリアGP決勝のレースペース分析に続いて、戦略分析も行なっていこう。

 

 全マシンのトップからのタイムギャップをグラフ化すると以下のようになる。一番上がトップ走行ドライバーで、下に行くほどギャップが大きくなる。

 

こちらの記事は『F1LIFE』有料会員限定のコンテンツとなっています。
続きをご覧になるためには、ベーシック会員・プレミアム会員になって頂く必要があります。
会員登録の方法はこちら

※コース変更の場合は、旧コースの解除手続きを行なって下さい。
お客様の手で解除手続きを行なって頂かなければ継続課金は解除されませんのでご注意下さい。

会員登録する / ログインする(会員の方)

Related Articles

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (1)
    • unicorn712
    • 2021年 7月 08日

    ノリスはいいドライバーですね。2年前のオーストリアグランプリでも、オープニングラップのターン3でハミルトンに仕掛けたのを見て、凄い新人が出てきたなぁ~って思ったのを覚えてます。
    去年苦戦したハンガリーでも結果を残せれば、全レース入賞も夢ではないと思います。

    ポールリカールでトップ2と中団との差がかなり開いていたのを見て、まだまだ差が大きいなと思いましたが、モナコでサインツが迫ったり、今回も条件次第でノリスが近づいたりと、コースによってはレースが面白くなりました。
    そうなると予選レースはあまりよくない気がします。予選で思わぬドライバーが一発決めて前に出れても、スプリントレースである程度マシンの通りのグリッドになってしまって日曜日の決勝を迎えるので。かえって面白くなくなる気がします。

コメントするためには、 ログイン してください。

Calendar【日付で記事検索】

2022年11月
Mon Tue Wed Thu Fri Sat Sun
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930