2021

 

ーーアゼルバイジャンGP初日はクラッシュもなく10位で終えました。

「モナコGPと似たような感じで、路面のエボリューションがかなり大きいですし(それに合わせて)自分自身のペースと自信をビルドアップしていくフリー走行になりました。特にブレーキングに対する自信ですね。ここは90度コーナーが多いのでハードブレーキングが求められますし、何度かトライしてランオフエリアにオーバーシュートしたのもそのためです。僕としては良い練習になったと言えます。幸運なことにウォールに突っ込むようなことはありませんでしたし、2セッションとも良いかたちで走行を重ねることができました」

 

ーー午前・午後ともスムーズなセッションでしたか?

こちらの記事は『F1LIFE』有料会員限定のコンテンツとなっています。
続きをご覧になるためには、ベーシック会員・プレミアム会員になって頂く必要があります。
会員登録の方法はこちら

※コース変更の場合は、旧コースの解除手続きを行なって下さい。
お客様の手で解除手続きを行なって頂かなければ継続課金は解除されませんのでご注意下さい。

会員登録する / ログインする(会員の方)

Related Articles

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (4)
    • tonsukesan2
    • 2021年 6月 05日

    少しずつ、コメントの内容が客観的になってきているように思えます。このまま堅実な週末を送って欲しいです。

    • unicorn712
    • 2021年 6月 06日

    予選でクラッシュしましたけど、Q3に行けましたし、決勝も無理なく行ってほしいですね。予選は良くても決勝を見ると、トロロッソ時代からここはボギーサーキットですから。

      • MINEOKI YONEYA
      • 2021年 6月 07日

      「なぜ速かったのか分からない」という点ではトロロッソ時代から変わっていません(笑)
      でもホンダ製パワーユニットの性能向上は明らかに大きな後押しになっていますね。

コメントするためには、 ログイン してください。

Calendar【日付で記事検索】

2022年11月
Mon Tue Wed Thu Fri Sat Sun
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930