2020

 

ー金曜は苦戦している様子でしたが、予選では0.056秒差まで迫りました。

「メルセデスAMGはQ3で3セットを使う戦略を採ったけど、僕らとしては良い予選の戦いができたと思う。1周がものすごく短くてコーナーが少ないサーキットだけど、3位とはいえ彼らに接近することができて嬉しいよ。可能な限り差を縮めたいと思ってトライしたんだ。いつもよりもタイム差自体が小さいのは、サーキットレイアウトのせいだ。でも明日は違うタイヤでスタートすることになるし、どんな展開になるか非常に楽しみだね。先週も言った通り僕らには失うものは何もないから、明日はとにかくレースを楽しんだ方が良いだろうね。その上で自分たちがどこまでやれるかだね」

 

ーー今日はポールポジションが獲れるのではないかと思っていましたか?

こちらの記事は『F1LIFE』有料会員限定のコンテンツとなっています。
続きをご覧になるためには、ベーシック会員・プレミアム会員になって頂く必要があります。
会員登録の方法はこちら

※コース変更の場合は、旧コースの解除手続きを行なって下さい。
お客様の手で解除手続きを行なって頂かなければ継続課金は解除されませんのでご注意下さい。

会員登録する / ログインする(会員の方)

Related Articles

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (1)
    • toukeidou
    • 2020年 12月 06日

    このサーキットレイアウトで差が縮まるというのは、車体の差よりエンジンの差の方が小さいということを意味しているのではないでしょうか。

    来年の車体規制がレッドブルに有利でメルセデスに不利でありますように(笑)。

コメントするためには、 ログイン してください。

Recent Post【最新の記事】

Calendar【日付で記事検索】

2022年12月
Mon Tue Wed Thu Fri Sat Sun
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031