RACE【レース】

 

 2020年の第11戦アイフェルGP予選のメルセデスAMGとレッドブル、そして4番手に入ったフェラーリのパフォーマンスを分析しよう。

 

 Q3でのミニセクターの最速記録はこのようになっており、ターン1、4、7、10、15はレッドブルが最速。レッドブルはダウンフォースを付けてコーナー重視のセットアップを採用している。

 

 

 というよりも、メルセデスAMGがストレートもコーナーもバランス良く速さを発揮するセットアップに仕上げたというべきかもしれない。金曜セッションがキャンセルとなり、走行時間が少なくなっただけでなく金曜夜にファクトリーでデータ解析とシミュレーション、セットアップ修正をしてFP3で確認した上で予選・決勝に臨むということができなくなった。そのためメルセデスAMGはどこかひとつ突出した部分のあるセットアップではなく、W11の基礎能力の高さを生かし、全般的に平均点の高いセットアップを施したものと考えられる。

 

こちらの記事は『F1LIFE』有料会員限定のコンテンツとなっています。
続きをご覧になるためには、プレミアム会員になって頂く必要があります。
会員登録の方法はこちら

※コース変更の場合は、旧コースの解除手続きを行なって下さい。
お客様の手で解除手続きを行なって頂かなければ継続課金は解除されませんのでご注意下さい。

会員登録する / ログインする(会員の方)

Related Articles

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. コメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

Recent Post【最新の記事】

Calendar【日付で記事検索】

2020年11月
Mon Tue Wed Thu Fri Sat Sun
« Oct    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30