RACE【レース】

 

 フランスGPに続いてオーストリアGPに投入されRB15のマシンパフォーマンスを向上させたフロントウイングのアップグレードを解説しておこう。

 

 前戦フランスGPではミラー、リアウイング、フロアなどのアップグレードが導入され想定通りのパフォーマンスを発揮したものの、RB15が抱える問題点を完全に解決することはできなかった。

 

 しかしレッドブルリンクにはフロントウイングに小さなアップグレードを施し、さらなる改良を施して来た。

 

こちらの記事は『F1LIFE』有料会員限定のコンテンツとなっています。
続きをご覧になるためには、ベーシック会員・プレミアム会員になって頂く必要があります。
会員登録の方法はこちら

※コース変更の場合は、旧コースの解除手続きを行なって下さい。
お客様の手で解除手続きを行なって頂かなければ継続課金は解除されませんのでご注意下さい。

会員登録する / ログインする(会員の方)

Related Articles

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (2)
    • toukeidou
    • 2019年 7月 06日

    ノーズ下の整流フィンについて、「ディティール写真」を拡大してジックリ確認させていただきました(笑)。確かに、ずいぶん大きくなってますね。

    あと、ノーズの先端の穴がレースでは、また、開いてますけど、いったい、何パターン持ってきてるんでしょうね(笑)。閉じたり開いたり。先っちょだけ替えられるんですか?

    この穴の役割は?

    まあ、何にせよ、問題解決に一歩前進したのは結構なことです。

    • MINEOKI YONEYA
      • MINEOKI YONEYA
      • 2019年 7月 10日

      ノーズ本体2種とウイング2種の組み合わせで計4種ですかね。
      穴はノーズ下の開口部(黄色いところ)から気流を出している説と、ノーズ上にSダクトにして出している説とありますね。

コメントするためには、 ログイン してください。

Recent Post【最新の記事】

Calendar【日付で記事検索】

2021年9月
Mon Tue Wed Thu Fri Sat Sun
« Aug    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930