RACE【レース】

 

 第4戦アゼルバイジャンGPでの各マシンのレースペースを分析することで解き明かす第4弾として、中団グループ各チームの比較分析を行なう。

 

 中団グループは予選中団最上位のセルジオ・ペレス(ピンク色・太線)が決勝でも集団を引っ張り、マクラーレン(オレンジ色)の2台がこれを追う展開。この3台だけが中団グループから抜け出て中団トップを争うことになった。

 

 その後方は混戦模様で、予選6位だったダニール・クビアト(青色・太線)はスタート直後の謎の失速からピットインを余儀なくされて大きく後退。しかしソフトタイヤのデグラデーションが想定以上に大きかったことで結果的に絶好のアンダーカットを果たすことになった。ピットレーンスタートのキミ・ライコネン(深紅色・太線)も同様。

 

 しかしクビアトはダニエル・リカルド(黄色・太線)からの追い上げに遭い、接触して両者リタイア。4戦連続Q1敗退の辛酸を嘗めたランス・ストロール(ピンク色・細線)が9位、そしてライコネンが10位でポイントを獲得し、クビアトとは真逆に第1スティントを12周目まで長く引っ張ったアレクサンダー・アルボン(青色・細線)は一時は最下位まで落ち、11位まで追い上げるのが精一杯だった。

 

こちらの記事は『F1LIFE』有料会員限定のコンテンツとなっています。
続きをご覧になるためには、プレミアム会員になって頂く必要があります。
会員登録の方法はこちら

※コース変更の場合は、旧コースの解除手続きを行なって下さい。
お客様の手で解除手続きを行なって頂かなければ継続課金は解除されませんのでご注意下さい。

会員登録する / ログインする(会員の方)

Related Articles

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (1)
    • w0fu1sg6
    • 2019年 5月 08日

    ピレリも知らん今年のタイヤをいち早く理解できたのが銀色とピンク色とパパイヤーん・・ってかっ。松崎さんとグリーン。え~ん、トロロが・・・

コメントするためには、 ログイン してください。

Recent Post【最新の記事】

Calendar【日付で記事検索】

2020年6月
Mon Tue Wed Thu Fri Sat Sun
« May    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930