RACE【レース】

 

 夏休み明けのベルギーGPは、セクター1と3がほぼ全開で20秒を超す長い全開区間があるためトロロッソ・ホンダにとって苦戦が予想される。ホンダは既報の通りスペック3は持ち込んでおらず、従来のスペック2のままで走る。

 

 しかし前半戦で苦労させられたダウンフォースとドラッグの関係性についてはハンガリーGP後のテストである程度の解決策を見出しているといい、それを金曜フリー走行で試す。それが上手く行けば、ストレート速度の不利はやや改善できるかもしれない。

 

 ホンダの田辺豊治テクニカルディレクターに聞いた。

 

ーー夏休みが明けましたが、今回は特に新しいものは投入されていないのでしょうか?

「ハンガリーでは色々試してPU側も車体側も順調にテストができましたが、今回は特に何もありません。我々も頑張ってはいるんですけど、頑張ったねって褒められるのは小学生までですから(苦笑)、頑張っても結果が出なければダメですからね」

 

ーーシーズン前半戦はセットアップが煮詰まりきらずマシンパッケージを生かし切れないところがありましたが、それは解決できそうでしょうか?

こちらの記事は『F1LIFE』有料会員限定のコンテンツとなっています。
続きをご覧になるためには、ベーシック会員・プレミアム会員になって頂く必要があります。
会員登録の方法はこちら

※コース変更の場合は、旧コースの解除手続きを行なって下さい。
お客様の手で解除手続きを行なって頂かなければ継続課金は解除されませんのでご注意下さい。

会員登録する / ログインする(会員の方)

Related Articles

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. コメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

Recent Post【最新の記事】

Calendar【日付で記事検索】

2020年10月
Mon Tue Wed Thu Fri Sat Sun
« Sep    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031